四十八茶百鼠と藍四十八色【色見本】


さぁ、はじめよう!!

幕府から贅沢を禁じるために、着物に関して庶民が身につけられるものの色には、茶色・鼠色・藍色のみと限定されていた江戸時代だからこそ、落ち着いた渋い色がこの時代に多く生まれています。

そこで「茶色系・鼠色系」の染色を指す「四十八茶百鼠」と、茶色と鼠色と共に江戸時代に代表される「藍色系」の染色について、慣用色名、CMYK、RGB(10進)、カラーコード(16進)をまとめた、自分用の色見本をつくりました。

また、CMYKやRGBなどの掛け合わせた数値は近似色で作成したものです。色の見え方も環境によって異なりますので、その点を踏まえてご利用くださいませ。

 

⦿ 奢侈禁止令 しゃしきんしれい

江戸時代も半ばになると、街道や港といった交通網が整い発達。人や物、お金などの行き来が増えたことで、城下町や宿場町が栄えていったようだ。そして、豪商といわれる富裕層の商人も増えてゆき、庶民の生活も豊かになったんだとか。

すると、着るものや身に付けるものが次第に華やかさを極めてゆき、より良いものを求めるようになっていった町人階級の消費に対し、幕府は贅沢を禁止することで庶民に倹約させ、国の財政にしようと、どんな身分であっても贅沢な着物を着てはいけないという「奢侈禁止令」をたびたび発令していたのだそうだ。

 

⦿ 四十八茶百鼠 しじゅうはっちゃひゃくねず

贅沢を禁じられた江戸の職人が試行錯誤し、色の中に微妙な色調を生みだした、「茶色系・鼠色(灰色)系」の染色のバリエーションを指す言葉。

当時、着物に関して庶民が身につけられるものは、柄や色、生地まで細かく厳しい規制がなされ、生地素材は「麻・綿」、色は「茶色・鼠色・藍色」のみと限定されたが、「他の人とは違うものを着たい」という欲求は今も昔も変わず、色の中に微妙な色調を生みだし楽しむ日本人ならではの美意識から「四十八茶百鼠」などの落ち着いた渋い色が多く生まれている。

「四十八茶百鼠」とは茶色を48色、鼠色を100色くらい使用したことからつけられた呼び方といわれているようだが、実際には茶系も鼠色系もそれぞれ100色以上の色名があるようだ。よって「四十八」や「百」は色数を指すのではなく「多色」という意味の言葉のゴロ遊びとして「四十八茶百鼠」と言われたという説もある。

 

スポンサーリンク

 

#FF3333 HTMLコード(16進)

No.000【JIS / DIC】
慣用色名 かんようしきめい
色の特徴
C.M.Y.K 0.0.0.0 / R.G.B(10進) 0.0.0

 

⦿ 茶色

室町時代より茶葉の煎じ汁が染料として使われはじめ、それにともない「茶色」の名が生まれたとされる。

 

#964F28

No.1【JIS】
茶色 ちゃいろ
茶の葉を蒸して染めた色
0.60.70.50 / 150.79.40

#555647

No.2
藍媚茶 あいこびちゃ
藍みがかった暗い緑褐色
71.62.72.21 / 85.86.71

#474A4D

No.3
藍墨茶 あいすみちゃ
藍みがかった墨色
76.68.63.24 / 71.74.77

#56564B

No.4
藍海松茶 あいるみちゃ
海松茶にさらに藍みがかった暗い緑褐色
71.62.69.20 / 86.86.75

#4B4B31

No.5
青茶 あおちゃ
青みがかった茶色
72.63.86.32 / 75.75.49

#BB5535

No.6
赤茶 あかちゃ
赤みがかった茶色
34.78.85.1 / 187.85.53

#969C63

No.7【DIC】
威光茶 いこうちゃ
常陸水戸藩初代藩主の徳川頼房が好んだ色で茶みがかった明るい萌黄色
49.34.69.0 / 150.156.99

#6B6F59

No.8
岩井茶 いわいちゃ
江戸歌舞伎の女形 五代目 岩井半四郎(俳名:梅我・杜若 1776~1847)が好んだ灰みの黄緑色
65.54.68.7 / 107.111.89

#6D5D34

No.9【JIS / DIC】
鶯茶 うぐいすちゃ
うぐいすの羽根のような暗い黄緑色
62.61.89.18 / 109.93.52

#B78161

No.10
薄茶 うすちゃ
明るい灰みがかった黄赤色
35.56.62.0 / 183.129.97

#A56C4F

No.11
江戸茶 えどちゃ
黄みがかった深い赤色
43.64.71.2 / 165.108.79

#753435

No.12【JIS / DIC】
海老茶 / 葡萄茶 えびちゃ
伊勢海老の殻のような暗い赤みの茶色
54.86.76.27 / 117.52.53

#CA8269

No.13
遠州茶 えんしゅうちゃ
大名茶人の小堀遠州が好んだ赤みがかった明るい茶色
26.58.56.0 / 202.130.105

#183335

No.14
御納戸茶 おなんどちゃ
納戸色の茶みがかった暗い灰みの青緑色
90.73.71.46 / 24.51.53

#787661

No.15
御召茶 おめしちゃ
11代将軍家齋が愛用した高級縮緬「御召縮緬」の灰みがかった黄緑色
61.52.64.3 / 120.118.97

#726250

No.16
樺茶 かばちゃ
樺色をさらに茶みがかった暗い黄赤色
62.61.69.12 / 114.98.80

#B98C46

No.17
黄唐茶 きがらちゃ
唐茶に黄みを加えた暗い灰みがかった黄茶色
35.49.79.0 / 185.140.70

#783C1D

No.18
枯茶 からちゃ
枯葉のような茶色
53.81.100.27 / 120.60.29
※唐茶と同じ

#783C1D

No.19
唐茶 からちゃ
中国から渡来した煎茶のような茶色
53.81.100.27 / 120.60.29
※枯茶と同じ

#685641

No.20
観世茶 かんぜちゃ
能の観世流に因んだ茶色
63.64.76.20 / 104.86.65

#287265

No.21
紀州茶 きしゅうちゃ
竹のすすけたような青黒みに銀色を加味したような茶色
53.58.59.2 / 40.114.101

#AC6525

No.22【JIS / DIC】
金茶 きんちゃ
黄金の色のような黄褐色
40.68.98.2 / 172.101.37
※宝茶と同じ

#B14329

No.23
栗金茶 くりかねちゃ
金茶よりも赤みがかった茶色
38.86.96.3 / 177.67.41

#6D3C32

No.24
栗皮茶 くりかわちゃ
栗皮のような赤みがかった茶色
57.79.80.30 / 109.60.50

#B39469

No.25
桑色白茶 くわいろしらちゃ
桑染による黄みがかった白茶色
37.44.62.0 / 179.148.105

#956F29

No.26
桑茶  くわちゃ
桑染めの赤みがかったくすんだ黄色
49.59.98.5 / 149.111.41

#241A08

No.27
憲房黒茶 けんぽうくろくちゃ
剣術家の吉岡直綱(憲法)が考案した染色の黒みが強い茶色
77.79.96.67 / 36.26.8

#773328

No.28
光悦茶 こうえつちゃ
江戸初期の書画や陶芸、茶道などすぐれた芸術家の本阿弥光悦(ほんあみこうえつ / 1558~1637)に因んだ上品な茶色
52.87.89.28 / 119.51.40

#735642

No.29
木枯茶 こがらしちゃ
灰みがかった茶色
59.67.76.18 / 115.86.66

#171310

No.30
極焦茶 ごくこげちゃ
焦茶より黒みの強い茶色
84.82.84.71 / 23.19.16

#5B493F

No.31【JIS / DIC】
焦茶 こげちゃ
ものが焦げたような黒みがかった濃い茶色
66.69.73.28 / 91.73.63

#917C5E

No.32【DIC】
媚茶  こびちゃ
黒みの濃い灰みがかった暗い黄色
51.53.66.1 / 145.124.94

#6D6A33

No.33
昆布茶 こぶちゃ
やや暗い黄褐色
6.0.60.70 / 109.106.51

#C18772

No.34
信楽茶 しがらちゃ
信楽焼のような白茶色
30.54.53.0 / 193.135.114

#AD7E4E

No.35
芝翫茶 しかんちゃ
大阪歌舞伎のたて立役 初代 中村芝翫(1778~1838)が好んで用いたやわらかい赤みの黄色
40.56.74.0 / 173.126.78

#BCA68B

No.36【DIC】
白茶 しらちゃ
橡(つるばみ)を石灰媒染で染めた明るい灰みの赤みがかった薄茶色
32.36.45.0 / 188.166.139

#9B7843

No.37
沈香茶 じんこうちゃ
伽羅色のような香色より濃い茶色
0.30.60.50 / 155.120.67

#665D22

No.38
煤竹茶 すすたけちゃ
煤色がかった茶色
65.59.100.20 / 102.93.34

#A66A4A

No.39【DIC】
雀茶 すずめちゃ
雀の頭の色のような赤黒い褐色
43.66.74.2 / 166.106.74

#655D3A

No.40
素海松茶 すみるちゃ
松の葉によく似た岩礁上などに生育する海藻の海松のような暗い緑みがかった茶色
65.60.85.19 / 101.93.58

#232827

No.41
仙斎茶 せんさいちゃ
緑みがかった渋い茶色
83.76.76.56 / 35.40.39

#53462F

No.42【DIC】
千歳茶 せんざいちゃ
黄みのごく暗い緑褐色
67.67.85.34 / 83.70.47

#8C6450

No.43
煎茶色 せんちゃいろ
煎茶のような黄みがかった薄茶色
52.65.69.7 / 140.100.80

#A16D5D

No.44
宗伝唐茶 そうでんからちゃ
唐茶の赤みの暗い黄茶色
45.64.62.1 / 161.109.93

#AC6525

No.45
宝茶 たからちゃ
黄金の色のような黄褐色
40.68.98.2 / 172.101.37
※金茶と同じ

#76413C

No.46
丹柄茶 たんがらちゃ
雄蛭木(オヒルギ)の樹木の皮の煎汁で染めた黄みがかった赤茶色
56.79.83.23 / 118.65.60

#975E45

No.47【DIC】
団十郎茶 だんじゅうろうちゃ
江戸歌舞伎の立役 五代目 市川團十郎(1741~1806)が狂言「暫」で柿色の素袍を用いたことからついたにぶい黄赤色
47.70.76.7 / 151.94.69

#B98E68

No.48【DIC】
丁子茶 ちょうじちゃ
丁子で染めた茶みがかった暗い黄赤色
34.49.61.0 / 185.142.104

#E09E87

No.49
鴇唐茶 ときがらちゃ
鴇色がかった淡い茶色
15.47.44.0 / 224.158.135

#526F55

No.50
沈香茶 / 殿茶 とのちゃ
灰みがかった青緑色
74.51.73.8 / 82.111.85

#9F6F55

No.51
礪茶 とのちゃ
砥石のうち「はやと」と呼ばれる粗砥石のようなくすんだ黄赤色
45.62.68.2 / 159.111.85

#384D31

No.52
納戸茶 なんどちゃ
納戸色がかった茶色
79.60.89.32 / 56.77.49

#887938

No.53
梅幸茶 ばいこうちゃ
江戸歌舞伎の立役 初代 尾上梅幸(1717~1783)の好んだ明るい灰みの黄緑色
55.52.91.4 / 136.121.56

#98623C

No.54
灰茶 はいちゃ
灰みがかったくすんだ茶色
47.67.84.7 / 152.98.60

#847030

No.55【DIC】
鶸茶 ひわちゃ
灰みの緑みがかった鶸色
56.56.96.8 / 132.112.48

#AE7C4F

No.56
枇杷茶 びわちゃ
ビワの果皮のような赤みがかった黄茶色
40.57.73.0 / 174.124.79

#5E4C46

No.57【DIC】
文人茶 ぶんじんちゃ
明治中期の文人趣味を背景に生まれた暗い黄みの灰色
66.69.68.24 / 94.76.70

#A73835

No.58
紅海老茶 べにえびちゃ【JIS】
伊勢海老の殻のような紫みの暗い赤色
41.91.84.6 / 167.56.53

#A5A675

No.59【JIS / DIC】
抹茶色 まっちゃいろ
抹茶のようなやや茶みのうすい黄緑色
43.31.60.0 / 165.166.117

#8B968D

No.60
豆殻茶 まめがらちゃ
実をとったあとの茎や葉、さやなどのような黄みがかった渋い茶色
52.37.44.0 / 139.150.140

#655D3A

No.61【DIC】
海松茶 みるちゃ
松の葉によく似た岩礁上などに生育する海藻の海松のような暗い緑みがかった茶色
65.60.85.19 / 101.93.58
※素海松茶と同じ

#61462E

No.62
昔唐茶 むかしからちゃ
唐茶より黒みの強い茶色
62.70.86.31 / 97.70.46

#1F3134

No.63
百塩茶 / 百入茶 ももしおちゃ
何度も染め返したような濃い茶色
87.74.70.46 / 31.49.52

#875B4E

No.64
桃山茶 ももやまちゃ
豊臣秀吉の築いた豪壮絢爛の気風を表したような橙色ともいえるほどの明るい茶色
53.69.68.10 / 135.91.78

#A1A46D

No.65
柳茶 やなぎちゃ
にぶくやわらかい茶みがかった柳色
45.32.64.0 / 161.164.109

#BD7726

No.66【DIC】
山吹茶 やまぶきちゃ
金色に近い色合いの赤みがかった深い黄茶色
33.61.95.0 / 189.119.38

#685643

No.67
猟虎茶 らっこちゃ
猟虎の毛皮のような灰みがかった茶色
63.65.75.20 / 104.86.67

#D9912D

No.68
蘭茶 らんちゃ
黄橡のような黄褐色
20.51.87.0 / 217.145.45

#65523C

No.69【DIC】
璃寛茶 りかんちゃ
大阪歌舞伎の立役 初代 嵐璃寛/ 1769~1821)が好んだ暗い灰みの緑褐色
63.65.79.23 / 101.82.60

#B6AB8A

No.70【DIC】
利休白茶 りきゅうしらちゃ
薄い灰みがかった黄褐色
35.32.47.0 / 182.171.138

#776D3A

No.71
利休茶 りきゅうちゃ
千利久好みの灰みがかった茶色
60.55.89.10 / 119.109.58

#8F7244

No.72【DIC】
路考茶 ろこうちゃ
江戸の女形 二代目 瀬川菊之丞(俳名:路考 /1741~1773)が狂言「八百屋お七」で下女お杉の役で着た衣装で大流行した暗い赤みの黄色
52.57.81.5 / 143.114.68

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA