金色が持つイメージと効果


さぁ、はじめよう!!

私たちの身のまわりに溢れている様々な色には、「心理」にはたらきかけ、私たちの「感情作用」に大きな影響を与えられています。それは、私たちが経験し記憶したことをイメージする何かと、それらに関連する色とを「結びつけて連想している」からです。

個々の色が持つイメージを知ることで、広告やファッション、インテリアなどに、意味合いを持たせたデザインにしたい時には、イメージと色を意図的にうまく組み合わせることで、より魅力的な効果が得られるようになるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

⦿ 金 GOLD

・黄色系統の色彩に金属の光沢を合わせた色
・「赤金、青金」など、金箔のような輝きをもった金系統の色の総称

 


▲クリックすると画像拡大

 

という漢字は、会意文字と形声文字の特徴を併せ持つ会意兼形声文字(かいいけんけいせいもじ)が変化したもの。「何かを含んで押さえたさま」を表したの象形と「砂金を含んだ土」を表したの象形から、土の中に点々と含まれた砂金の意味から成り立った文字である。

日本語のかねは、金属の金は叩くとカンカンと鳴るから、音が変化して「カネ」になったのが語源となっている。「きん」については不明。

英語の「Gold」は、古ゲルマン語では輝くという意味の「ghel-」がYellowの原型といわれ、GoldとYellowの両方の 語源とされている。

 ゲルマン語 
インド・ヨーロッパ語族の古代ゲルマン語に属する言語。ドイツ語、英語、オランダ語、デンマーク語、ノルウェー語、スウェーデン語、アイスランド語などの祖先の言語である。

インド・ヨーロッパ語族とは、歴史的にインドからヨーロッパにかけて分布している言語の多くが属する言語グループである。ただし、この語族に属する英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語などの分布範囲が、植民地化の進行に伴って拡大したため、現在は北米、南米、アフリカ、オセアニアなどでも日常的に用いられている。

ゲルマン語、ロマンス語(ラテン語、フランス語、イタリア語、スペイン語など)、スラヴ語(ロシア語など)、ギリシア語、インドのサンスクリット語、ヒンディー語、イランのペルシア語などの諸言語の起源は、数千年前に存在した印欧祖語(いんおうそご)であると考えられている。

 

⦿ 性質

 性質      
富や高価など豊かさを表す色で、特別な印象を感じさせる色。

 

⦿ イメージ

 具体的イメージ 
金貨、金属、王様、金メダル、金箔、金閣寺

 抽象的イメージ 
高級、贅沢、成功、輝き、豪華、派手、豊かさ、勝利、特別、頂点

 

⦿ 心理的効果

 ポジティブイメージ 
・高級感を感じさせる
・豊かな気持ちにさせてくれる
・欲を満たしてくれる

 ネガティブイメージ 
・多用しすぎると「派手」「傲慢」といった印象になる

 

⦿ 生理的効果

・腸の働きを整えて、体調を改善する

 

⦿ 金色を好む人の性格

・リッチ
・威厳がある
・指導者
・心が豊か
・成果だけを求める
・カリスマ
・ブランド志向
・上昇志向

 

⦿ ポイント

 ファッション 
黄みの強い色や暖色系の色、濃く鮮やかな色と相性がよく、存在感もあるので特別な印象を与える色。

ライトグレーに黒をあわせた着こなしに、ゴールドのアイテムを差し色で合わせると、クールでかっこいいコーディネートになる。

インパクトあるシャンパンゴールドにカーキを合わせると、ほどよくカジュアルダウンさせてくれるコーディネートになる。

 

スポンサーリンク

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA