日本の伝統色 其の二【色見本】

⦿ 鎌倉時代

#D20A13

No.70
朱殷 しゅあん
時間がたった血のような暗い朱色
22.100.100.0
210.10.19

#596A40

No.71
青苔 あおごけ
青みがかった苔色
71.53.86.12
89.106.64

#181B39

No.72
勝色 かついろ
黒色に見えるほど濃い藍染の紫みがかった藍色
96.97.59.44
24.27.57

#FFFFFC

No.73
胡粉色 こぶんいろ
貝殻を砕いてつくった顔料のごくわずかに黄みがかった白色
0.0.2.0
255.255.252

 

 

⦿ 南北朝時代

#433D3C

No.74
檳榔子染 びんろうじぞめ
ビンロウジを使って染めた黒色
75.72.69.36
67.61.60
※ 藍下黒と同じ

 

 

⦿ 室町時代

#B48A76

No.75
梅染 うめぞめ
梅屋渋(うめやしぶ)で染めた赤みの薄茶色
36.51.52.0
180.138.118

#583822

No.76
黒茶 くろちゃ
黒みを帯びた茶色
62.75.91.41
88.56.34

#004150

No.77
深藍 こきあい
藍染を黒に近づくほどに染めた濃く暗い青色
95.72.60.27
0.65.80

#B44C97

No.78
紅紫 こうし / べにむらさき
紅がかったあざやかな赤みの紫色
38.81.9.0
180.76.151

#583B55

No.79
二人静 ふたりしずか
八代将軍足利義政が能楽の演目「二人静」を舞った際に着た衣装の暗い紅紫色
73.83.53.18
88.59.85

 

 

⦿ 安土桃山時代

#E83929

No.80
紅絹色 もみいろ
支子の黄と紅花で染め重ねた黄みがかった紅色
9.90.85.0
232.57.41

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA