銀色が持つイメージと効果


さぁ、はじめよう!!

私たちの身のまわりに溢れている様々な色には、心理にはたらきかけ、私たちの感情作用に大きな影響を与えられています。それは、私たちが経験し記憶したことをイメージする何かと、それらに関連する色とを結びつけて連想しているからです。

個々の色が持つイメージを知ることで、広告やファッション、インテリアなどに、意味合いを持たせたデザインにしたい時には、イメージと色を意図的にうまく組み合わせることで、より魅力的な効果が得られるようになるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 銀 SILVER      
・灰色系統の色彩に金属の光沢を合わせた色
・金属のような輝きを持った灰系統の色の総称

 


▲クリックすると画像拡大

 

という漢字は、会意文字と形声文字の特徴を併せ持つ会意兼形声文字(あいいけんけいせいもじ)が変化したもの。「目にくまどりをつけることを」を表したの象形と「土の中に点々と含まれている砂金」を表したの象形から、腐りにくい金属の意味から成り立った文字である。

英語の「Silver」は、アッシリア語の銀を意味する「sarpu」から由来しているといわれている。

 アッシリア語 
古代メソポタミアの北メソポタミアを中心に用いられた言語。バビロニア語と並んでアッカド語の二大方言を形成する。アフロ=アジア語族のセム語派に属する。

 

 性質      
ほかの色との調和が取りやすい、どの色とも馴染みやすい色

 

 イメージ      
 具体的イメージ 
アルミホイル、銀食器、銀歯、ミラーボール、鏡

 抽象的イメージ 
洗練、シンプル、都会的、上品、機械的、高級、知性、冷たさ、無機質、シャープ、クール

 

 心理的効果      
 ポジティブイメージ 
・上品で都会的な印象を与える
・気持ちをスッキリさせてくれる
・洗練させたシンプルな印象を与える

 ネガティブイメージ 
・多用しすぎると「冷たい」印象になる

 

 生理的効果      

 

 銀色を好む人の性格      
・紳士的
・判断力が高い
・理想が高い
・理屈っぽい
・クール
・批判的

 

 ポイント      
 ファッション 
グレーと同じ感覚で使えるシルバーは、意外とどんな色とも合わせやすく派手になりすぎない色である。

[su_row][su_column size=”1/10″]

[/su_column] [su_column size=”1/10″]

[/su_column] [su_column size=”1/10″]

[/su_column] [/su_row]

清潔感のあるホワイトコーデにシルバーのバッグを差し色で加えるだけで、パッと華やぎオシャレ度があがるコーディネート。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA