色が持つ3つの性質とは


さぁ、はじめよう!!

人の目は物体が「反射」「吸収」「透過」した光を色として知覚していて、その見え方には色が持つ3つの異なった性質が関わり合っています。

 

 

色の三属性

色が持つ3つの性質である「色相・明度・彩度」のことをいう。

 

 

色相 しきそう

光の波長の違いによって変化する赤・黄・緑・青などの「色味の違い」表している。この色相を環状に配置し、色を体系化するときに用いられるものを「色相環(しきそうかん)」という。

 

明度 めいど

「色の明るさの度合い」を表している。明度が高くなると明るい色になり、明度が低いと暗い色になる。

 

彩度 さいど

「色の強さや鮮やかさの度合い」を表している。彩度が高くなると鮮やかな色になり、彩度が低くなるとくすんだ色になる。

 

 

色の分類

色には大きく2つに分類することができる。

 

 

無彩色 むさいしょく

白と黒、そしてその中間にある濃度の違う様々なグレーのような色味のない色のことをいう。無彩色には、「色相・彩度」がなく「明度」のみがある。

 

有彩色 ゆうさいしょく

色味の強い弱いに関わらず、ほんのわずかでも色味がある色のことをいう。有彩色は、「色相・明度・彩度」のすべての属性を持っている。

また、色味を持つ有彩色には、さらに3つに分類することができる。

 

 

純色 じゅんしょく

ピュアカラー(pure color)ともいう。
赤・黄・青のように白や黒が一切混ざっていない、もっとも彩度が高い鮮やかな色のこと。主にビビットトーンに属する色。

 

清色 せいしょく

純色に「白だけ」または、「黒だけ」を加えた色のこと。

 

 明清色 めいせいしょく 
ティントカラー(tint color)ともいう。
純色に白だけを混ぜ合わせた色のこと。主にペールトーン、ライトトーン、ブライトトーンに属する色。

 

 暗清色 あんせいしょく 
シェードカラー(shade color)ともいう。
純色に黒だけを混ぜ合わせた色のこと。主にダークグレイッシュトーン、ダークトーン、ディープトーンに属する色。

 

 濁色 だくしょく / 中間色 
モデレートカラー(moderate color)ともいう。
純色に白と黒(=グレー)を混ぜ合わせた濁ったような色のこと主にライトグレイッシュトーン、グレイッシュトーン、ソフトトーン、ダルトーンに属する色。

 

 

色立体 いろりったい

「色相・明度・彩度」の3要素を座標とし様々な色を三次元空間の点として配列し、相互の関係を立体化して表すことができる。これを「色立体」という。

 

 

色相を環状に配置(色相環)し、その中心に垂直にとった軸を明度、中心軸から色相環までの間を彩度と表すもの。

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA