アートとデザインの違いってなぁに?


アートとは・・・
デザインとは・・・

あなたは誰かにこう問われたらなんと答えますか?

アートやデザインに触れたことがある人なら、一度は問われたり考えたりしたことがあるのではないでしょうか。

しかし、「その違いをサラッと答えられる人はどのくらいいるのだろうか?」とふと思ったので、その違いについてまとめてみました。

 

 

 

アートとは

 

memo

・芸術・美術
・自己表現
・利益のためではない

 

アートとは、自分の中にあるものを自由に表現し描かれるもの。

誰かに理解されることは二の次、三の次で、それを誰かに理解してもらうことは、それほど重要視されていない。

また、その描かれたものをどう解釈するかは、それを見た人のそれぞれの感じ方に委ねられている。

 

 

デザインとは

 

memo・設計 ・図案 ・意匠
・客観的表現
・利益のために伝えること

 

デザインとは、人から依頼されたり、人が求めているものを計画的につくりだすもので、そのデザインをみる人に、その意図が明確に伝わらなければいけない。

商品の販売やサービスの告知など、クライアント(依頼者)が利益を生むための商業的アートといえる。

 

 

これらから「アート」と「デザイン」は似ているようで「異なるも」と言える。

しかし、実際には「アート」と「デザイン」を混合している人も多く、両者について明確な正解がないのも確かで、人によって解釈のされ方もやはり違う。

それは、アートに近いデザインというものもあば、デザインに近いアートというものも存在しているからなのでしょうか。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA