ビーズステッチとは


さぁ、はじめよう!!

針と糸やテグスを使って、手で編み込んでいく「ビーズステッチ」の様々な技法についてまとめてみました。

 

 

 

 

ビーズ・ステッチとは

ビーズ・ステッチ(Beads Stitch)とは、針と糸やテグスを使い、小さなビーズ(シードビーズ)を手で丁寧に編み込むビーズ編みの技法のひとつ。

 

 

ビーズ・ステッチは「和製英語」らしく、海外では、織り機(Loom)を使わずに、針と糸を使って編む技法であることから、「Off Loom(オフ・ルーム)」や「Bead Loom(ビード・ルーム)」、「Bead Weaving(ビード・ウィービング)」などとして親しまれている。

 

 

編み方の種類

 

ペヨーテ・ステッチ Peyote Stitch

レンガを並べたように、ビーズが互い違いに並んで編み込んでいく技法。

 

 

ブリック・ステッチ Bricke Stitch

レンガを積み上げたように、ビーズを編み込んでいく技法。
シェイプド・ステッチともいう。

ペヨーテ・ステッチとはビーズの穴の向きが異なり、ペヨーテステッチはビーズを拾い編むのに対して、ブリック・ステッチは糸を拾い編むのが特徴。

 

ヘリンボーン・ステッチ Herringbone Stitch

2個のビーズが「V字」に並んで編み込んでいく技法。

編み込んだビーズの形状が、開きにした魚の骨の形に似ていることから、「 ニシンの骨」を意味する「ヘリンボーン」という名前がついたのだとか。

 

スパイラル・ロープ Spiral Rope

ビーズがらせん状に並んで編み込んでいく技法。

 

スクエア・ステッチ Square Stitch

方眼の目ようにビーズが縦横と平面に並んで編み込んでいく技法。

 

ネッティング Netting

網目(ネット)状にビーズを編み込んでいく技法。

 

ライト・アングル・ウィーブ Right Angle Weave

ビーズが直角に向き合うように編み込んでいく技法。

 

デージー・ステッチ Daisy Stitch

デージー(雛菊)の花のように、1つのビーズをほかのビーズで囲むように編み込んでいく技法。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA