茶色が持つイメージと効果


さぁ、はじめよう!!

私たちの身のまわりに溢れている様々な色には、「心理」にはたらきかけ、私たちの「感情作用」に大きな影響を与えられています。それは、私たちが経験し記憶したことをイメージする何かと、それらに関連する色とを「結びつけて連想している」からです。

個々の色が持つイメージを知ることで、広告やファッション、インテリアなどに、意味合いを持たせたデザインにしたい時には、イメージと色を意図的にうまく組み合わせることで、より魅力的な効果が得られるようになるでしょう。

 

 

◎  茶 BROWN

・黄と赤と黒の中間色
・JISの系統色名は「暗い灰みの黄赤」
・「栗、こげ茶、亜麻、胡桃、キャラメル、ベージュ」など、土やも樹木のような茶系統の色の総称

 


▲クリックすると画像拡大

 

茶という漢字は、会意文字と形声文字の特徴を併せ持つ「会意兼形声文字(かいいけんけいせいもじ)」が変化したもの。「並び生えた草」を表した「艸」の象形と「苦い」を表した「余」の象形から、「伸びた新しい芽を摘んで飲料とする茶」の意味から成り立った文字である。

日本語のちゃは、中国からの渡来品である「お茶」に由来している。また、英語の「Tea(ティー)」も実は中国語が語源となっているようだ。中国語といっても、広東語、北京語、台湾語などいくつかあることから「茶」の発音も地域によって異なり、「チャ(cha)」と「テー(te)」の2つに分かれて伝わったようだ。

また、英語の「Brown」以外のヨーロッパの言語も、フランス語の「Brun(ブラン)」、ドイツ語の「Braun(ブラウン)」、イタリア語の「Bruno(ブルーノ)」などと、同じ意味の語源で、「輝き」や「褐色」「汚れ」などを意味したものだといわれている。

 

 

◎  性質

赤や橙といった暖色系に、黒を加えていった色で、色相、明度、彩度の幅が広い色。自然界に多く存在する色で、土やも樹木といった私たちの暮らしに溶け込んだ色のため、温もりや居心地の良さを感じられる。

・温暖色
・重量色

 

 

◎  イメージ

◎  具体的イメージ

大地、木、土、田舎、コーヒー、チョコレート、栗、馬

 

◎  抽象的イメージ

自然、安定、安心感、温和、頑固、堅実、重厚、素朴、退屈、穏やか、伝統、地味、落ち着き、温もり、やすらぎ、汚い、地味、曖昧

 

 

◎  心理的効果

◎  ポジティブイメージ

・心を落ち着かせやすらぎを与える
・温もりを感じさせる
・信頼感を与える

 

◎  ネガティブイメージ

・地味な色のためありきたりな印象を与える

 

 

◎  生理的効果

・リラックス効果がある
・感覚的に時間の経過を早く感じる
・食欲を増進させる
・アドレナリンを分泌し興奮を促す

 

 

◎  茶色を好む人の性格

・堅実的
・安定志向
・マイペースで落ち着きがある
・冒険心に欠ける
・自己表現が苦手
・頑固者で融通が利かない
・遊び心に欠ける
・目立ちたくない
・我慢強い

 

 

◎  ポイント

◎  ファッション

黒のかわりに茶色を取り入れると、雰囲気がやわらぎ洗練された印象のコディネートになる。また、ビビットやディープなトーンによくマッチする色である。

ベージュに同系のチョコレートブラウンを組み合わせると、品のあるやわらかい雰囲気にまとまるコディネートになる。また、落ち着いたベーシックな色どうしなので、洗礼された大人のコーディネートにもなる。

 

 

クールなブラックと落ち着いた茶色を合わせるとシックな印象になる。ただし、この組み合わせは暗い印象にもなりやすいので、色合いのバランスに注意が必要。

 

 

 

◎  インテリア

ドアまわりやフローリングなど、家の各所に使われているインテリアのベースになることが多い色。茶色ベースの部屋には、緑などの清涼感のあるアクセントカラーが効果的である。

深みのある茶色に同系色の明るいベージュを組み合わせるとコーディネートしやすいだろう。明るいトーンを入れることで重くなり過ぎず、空間のほど良いカジュアルさがプラスされる。

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA