色と光の三原色


色や光には、それぞれ基本となる3色の色があります。

これらを「色の三原色」、「光の三原色」といい、それらはどんな色のことを指し、どんな違いがあるのかをまとめてみました。

 

 

 

色の三原色

割合を変えて混ぜ合わせ様々な色材を表現することができる、基本となる「C(シアン)」「M(マゼンタ)」「Y(イエロー)」の3色のこと。

 

 

私たちが見ている色は、物体が光源からの光の一部を吸収し、残りの光を反射しているもので、この反射された光が人間の目に入り色として認識されてる。

物体によって光のどの部分をどれだけ吸収し、どれだけ反射するかは異なるため、それぞれが固有の色を持つことになる。

よって、光が照らされない真っ暗な部屋で物体を見ると、色どころか、物の形も分からなくなるのだ。

 

物体色

自ら光を放たず光に照らられて見える色のことを「物体色」という。

また、物に光が照らされたときに、その光の一部は物体内部に吸収され、それ以外の吸収されなかった光は跳ね返り、この反射した光を人間の目が色としてとらえる。

この色を「表面色」または「反射色」といい、光が透明、または半透明な物体を通り抜けて見える色を「透過色(ガラス、セロファンなど)」という。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 

減法混色(減色混合

物体色は、そのもの自体が発光しないものの色のことを指し、色の三原色であるCMYの混合比によって表せられている。

絵具やインクなどは物体色であるため、光を吸収する性質を持っているので、透過率が下がり暗い色になり、CMYを同じ量で混ぜ合わせると黒に近い色になる。

理論上では、CMYによって全ての色が表現できるとされているが、実際にはCMYを混ぜ合わせ綺麗な黒を表現することは技術的に難しく、鈍い色にしかならない。

このため、プリンターなどの印刷機で黒をより美しく表現するために黒(K)をプラスして表現している。

 

プロセスカラー

黒を含んだCMYKを「プロセスカラー」 と呼び、通常のカラー印刷の多くはこの4色が用いられている。

ちなみに黒の「K」は、黒インクで画像の輪郭細部を表現するために使われた、印刷版のことを「Key Plate」と呼び、これを使用する際に黒インクが用いられていたことから、黒の略語に「K」が用いられている。

 

 

光の三原色

割合を変えて混ぜ合わせ様々な色光を表現することができる、基本となる「R(レッド)」「G(グリーン)」「B(ブルー)」の3色のこと。

 

 

光源色

太陽光や白熱光、蛍光灯など、光源そのものが発っしている色のことを「光源色」という。

 

加法混色(加色混合)

光源色は、太陽光や液晶ディスプレイなど色光を指し、光の三原色であるRGB混合比によって表せられている。

光源それぞれが持つ色光の明るさが重なり、もとの光の明るさに足されて明るい色になるので、RGBを同じ量で混ぜ合わせると白になる。

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA