色をあらわす言葉


私たちの身のまわりには様々な色が溢れていて、その色ひとつひとつには、それに関連した言葉たちが「色の名前」として引用されています。

数ある色の中から、日本では言葉による色表示を統一するため、日本工業規格(JIS)において「「JIS Z 8102:2001 物体色の色名」」が定義されています。

 

 

 

日本工業規格

Japanese Industrial Standards(JIS / ジス)

1951年に制定された「工業標準化法」に基づいて主務大臣が定める、日本の鉱工業製品の統一規格をいう。鉱工業品の種類、形状、寸法、構造、品質、等級など細部にわたる事項について全国的に統一し、経済産業省が認定している「国家規格」である。それにより品質改善、生産能率の増進をはかることを目的としている、日本工業規格に認定した製品には、JISマークがつけられる。

 

 

物体色の色名 JIS Z 8102:2001

日本では言葉による色表示を統一するため、日本工業規格(JIS)において「物体色の色名」が定義されている。2001年に改正され、日本古来の色や外来のカタカナの色名といった「全269色」が「日本の色」として定められている。

 

 

和名色
外来語色名

 

 

基本色名

色を言葉で表示する際の基本となる「赤、黄、青」など「色のみ」で表した色の名前のこと。JIS規格では有彩色10種、無彩色3種の全13種の色が「基本色名」とされている。

 

有彩色

色名代用英語(略語)
1red(R)
2黄赤yellow red(YR)
orange(O)
3yellow(Y)
4黄緑yellow green(YG)
5green(G)
6青緑blue green(BG)
7blue(B)
8青紫purple blue(PB)
violet(V)
9purple(P)
10赤紫red purple(RP)

 

無彩色

色名代用英語(略語)
1white(Wt)
2灰色grey(Gy / 英)
gray(Gy / 米)
3black(Bk)

 

 

基本色彩語 ーその普遍性と進化ー

文化人類学者のブレント・バーリンと言語学者のポール・ケイが、世界の98の言語において328の色見本をどう分類し、どう命名しているかを調査し、1969年に出版されたもの。

言語によって基本色の数が異なること、基本色が対応する色の範囲が異なること、言語の進化によって次第に基本色が分化し増えてゆくことなどを見出し、これらを彼らは「基本色彩語(basic color team / BCT)」と呼んだ。

彼らは色名は全ての言語において、以下の順序で進化するという法則があると報告している。

 

     

1. 白(white)と黒(black)は全ての言語にある。
2. 色名が3つなら赤(red)がある。
3. 色名が4つなら緑(green)または黄(yellow)がある。
4. 色名が5つなら緑と黄がある。
5. 色名が6つなら青(blue)がある。
6. 色名が7つなら茶色(brown)がある
7. 色名が8つ以上なら、紫(purple)、桃色(pink)、橙(orange)、灰色(gray)か、それらのうちどれかを組み合わせた色がある。

 

もっとも少ない言語では「白と黒」の2色しかなく、多い言語では「白、黒、赤、緑、黄、青、茶色、紫、桃色、橙、灰色」の11の基本的な色彩語のカテゴリーがあり、各言語はこれらの中からそれぞれ一定数を色彩語としている。

 

 オーバートン・ブレント・バーリン 
Overton Brent Berlin(1936 −  )
アメリカの文化人類学者
ジョージア大学名誉教授
1964年にスタンフォード大学で博士号を修得

 ポール・ケイ 
Paul Kay(1934 −  )
アメリカの言語学者
カリフォルニア大学バークレー校名誉教授
1963年にハーバード大学で博士号を修得。

 

 

 

系統色名

「基本色名」に色相、明度、彩度に関する「修飾語」を組み合わせた色名。JIS規格においては「物体色を系統的に分類して表現できるようにした色名」と定義される。


▲クリックすると画像拡大

 

明度および再度に関する修飾語

 

有彩色

修飾語代用英語(略語)
1(ごく)あざやかなvivid(vv)
2明るいlight(lt)
3つよいstrong(st)
4こいdeep(dp)
5うすいpale(p)
6やわらかいsoft(sf)
7くすんだdull(dl)
8暗いdark(dk)
9ごくうすいvery pale(vp)
10明るい灰みのlight greyish(lg/英)
light grayish(lg/米)
11灰みのgreyish(mg/英)
grayish(mg/米)
12暗い灰みのdark greyish(dg/英)
dark grayish(dg/米)
13ごく暗いvery dark(vd)

 1.の( )内の「ごく」の修飾語を省略してもよい。
 11.の略語の「mg」はmedium greyの略である。

 

無彩色

修飾語代用英語(略語)
1うすいpale(pl)
2明るいlight(lt)
3中位の medium(md)
4暗いdark(dk)

 3. は、混同するおそれがない場合、「中位の」の修飾語を省略してもよい。

 

 

色相に関する修飾語

修飾語適応する基本色名代用英語(略語)
1赤みの紫、黄、白、灰色、黒reddish(r)
2黄みの赤、緑、白、灰色、黒yellow(y)
3緑みの黄、青、白、灰色、黒greenish(g)
4青みの緑、紫、白、灰色、黒bluish(b)
5紫みの青、赤、白、灰色、黒purplish(P)

 

 

彩度の低い有彩色および色みを帯びた無彩色に用いる色相に関する修飾語

彩度が低い有彩色のうちで、「明るい灰みの」「(中位の)灰みの」「暗い灰みの」といった修飾語と重複する場合に用いる修飾語のこと。

 

修飾語重複する修飾語代用英語(略語)
1紫みを帯びた赤みの、明るい灰みの、灰みの、暗い灰みのpurplish(P)
2赤みを帯びた黄みの、明るい灰みの、灰みの、暗い灰みのreddish(r)
3黄みを帯びた赤みの、明るい灰みの、灰みの、暗い灰みのyellow(y)
4緑みを帯びた黄みの、明るい灰みの、灰みの、暗い灰みのgreenish(g)
5青みを帯びた明るい灰みの、灰みの、暗い灰みのbluish(b)

 

 例 

明るい灰みの赤みを帯びた黄lg-rY
暗い灰みの青みを帯びた紫dg-bP

 

また、色みを帯びた無彩色で、「赤み」「黄み」の色相に関してさらに細分する必要がある場合にも用いてよい。

 

 例 

紫みを帯びた赤みの白P・r-Wt
紫みを帯びた赤みの明るい灰色P・r-ltGy
緑みを帯びた黄みの灰色g・y-mdGy

 

 

固有色名

動植物、鉱物、飲食物、染料、顔料、香料、人物、地名、自然現象などから引用した色名。

 


▲クリックすると画像拡大

 

慣用色名

固有色名の中でも、特に日常的に使われ一般に広く知れ渡り、多くの人々によって親しまれている色名。

 

伝統色名

古来から使われ続けてきた伝統的な色名。慣用色名と重なることも多い。

 日本の伝統色
 日本の伝統色 其の二
 イタリアの伝統色
 フランスの伝統色
 中国の伝統色

 

流行色名

時代の風俗や技術を反映し、一時的に流行して生まれた色名。慣用色名と重なることも多い。

 

濃紅梅 こきこうばい 

平安時代に今、流行りという意味で「今様色(いまよういろ)」とよばれていた。

 

団十郎茶 だんじゅうろうちゃ 

幕府による「奢侈禁止令(しゃしきんしれい)」により、派手な衣服が制限されていた江戸時代に、庶民たちが鼠色や茶色に微妙な色調の変化をつけて奥ゆかしい色を楽しんでいたとされ、これらを「四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねずみ)」といわれ、江戸時代を彩っていたらしい。

 

菫色 すみれいろ 

明治から大正時代に、欧文における菫色の訳語の「バイオレット」のハイカラな響きが、若い女性の心を捉えて流行したようだ。

 

Awakening Orange アウェイクニング・オレンジ

日本流行色協会(JAFCA)が、2019年に流行る色「トレンド―カラー」として発表された、「気づき」をもって新しい時代に向かうような快活なオレンジ。

マンセル値:4.7YR6.8/11.4
CMYK:6.60.75.0
RGB:240.134.66
カラーコード:#F08642

 

Human Red ヒューマン・レッド

日本流行色協会(JAFCA)が、2020年に流行る色「トレンド―カラー」として発表された、人間の豊かな感情を表すかのような「人間らしい」赤。

マンセル値:6.5R 5/14
CMYK:4.100.100.0
RGB:229.0.18
カラーコード:#E50012

 

Living Coral リビング・コーラル

PANTONE社が、2019年に流行る色「トレンド―カラー」として発表された、オレンジとピンクを混ぜたような、明るく柔らかい色合いの珊瑚色。

CMYK:0.71.54.0
RGB:255.111.97
カラーコード:#FF6F61

 

Classic Blue クラシック・ブルー

PANTONE社が、2020年に流行る色「トレンド―カラー」として発表された、時代に囚われることのない夕暮れの空を連想させるノスタルジックな青。

CMYK:96.77.19.5
RGB:29.78.137
カラーコード:#1D4E89

 

 

明暗顕漠 めいあんけんばく

日本の色彩感覚のはじまりとされている「赤・黒・白・青」の4色は、夜が明けて太陽が明々とした状態の「明し(あかし)」、太陽が沈んで暗くなった状態の「暗し(くらし)」、太陽が白んできて物の形がはっきり顕れる状態の「顕し(しろし)」、薄暗い漠然とした状態の「漠し(あおし)」という形容詞の言葉で表現されていたとされる。

これがやがて、色彩に関する名詞に転じて「明し = 赤」「暗し = 黒」「顕し = 白」「漠し = 青」なったと考えられる。

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA