イッテンの考え方【色彩調和論】


絵を描いているときや服を選ぶときなど、様々な場面で「赤を使いたいけど、何色と合わせたらいいのかな?」といったように、色選びに頭を悩ませることがあるではないでしょうか。

そんな色彩の「???」について調べた、先人たちについてまとめてみました。

 

 

色彩調和

2色以上の色を組み合わせて、色彩のバランスや美しさなどを作り上げていくこと。また、その配色が見る人に好感を与えたときに、それらの色は調和しているといえる。

 

 

色彩調和論

色彩調和については、イングランドの物理学者サー・アイザック・ニュートン(Sir Isaac Newton)によりスペクトルの発見がされて以降、色彩が科学的にとらえられるようになり、様々な学者たちによる論議が繰り返されてきた。ここでは、イッテンの「色彩の芸術」についてまとめてみることにした。

 

 

ヨハネス・イッテン

Johannes Itten(1888 – 1967)
スイスの芸術家。ドイツの「バウハウス」などの教育者。

 

バウハウス

1919年にドイツのヴァイマルに設立された、工芸・写真・デザインなどを含む美術と建築に関する総合的な教育を行った学校。現代アートやデザインにおける色彩論と色彩構造の基本教育の基礎を築いたとされる人。

 

 

色彩の芸術

1961年には発表された著書 「色彩の芸術」の中で「色相環上で幾何学的な関係にある色同士は調和する」と唱えている。

 

色相環

「絵具の三原色」である 「赤・黄・青」の混色に基づいて12色相環を位置づけたカラーシステム。

 

 

この色相環の色はイメージカラーであり、実際の色とは異なるものです。

 

 

色相環の分割法

 

ダイアード
Dyads
反対色(補色)の2色を組み合わせ配色。
スプリット
コンプリメンタリー
Split Complementary
色相環で二等辺三角形を描く位置にある3色を組み合わせ、補色を利用する配色。
トライアド
triad
色相環で正三角形を描く位置にある3色を組み合わせ配色。
テトラード
Tetrads
色相環で正方形を描く位置にある4色を組み合わせ配色。
ペンタード
Pentads
色相環で五角形を描く位置にある5色を組み合わせ配色。
トライドの3色 + 白 + 黒の5色の組み合わせ。
ヘクサード
Hexads
色相環で六角形を描く位置にある6色を組み合わせ配色。
テトラードの4色 + 白 + 黒の6色の組み合わせ。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.