色の見やすさ【配色】


さぁ、はじめよう!!

私たちの生活している身のまわりには、標識や広告、看板など目で見る情報が溢れています。これらの情報を、「見やすい」「探しやすい」「目につきやすい」「わかりやすい」といったように、スムーズに理解されるために色の特性を活かして活用されています。

 

 

視認性 しにんせい

人が意識的に対象物を見つけようと注意を向けている時に、遠くからでも見つけやすく確認しやいことで、周囲から際立ってみえるような色や配色、文字が大きくてわかりやすかどうか度合いのこと。

 

人には知覚しやすい色と知覚しにくい色があるため、標識や案内板の見やすさは、背景(地色)と文字や絵(図色)の明度差がポイントとなる。一般的に、目立ちにくい色が背景色、目立つ色が小さい面積の色の組み合わせが視認性の高い配色となる。

 

 

誘目性 ゆうもくせい

雑多な色の中でも目立っていて、人の目を引きつける色や配色かどうかの度合いのこと。誘目性の高い色とは、何かを探している時ではなく、漠然と眺めている状態の中でも一番目を引く色をことを指す。背景の色によっても左右されるが、一般的には暖色で高彩度の鮮やかな色の方が誘目性が高い。

 

視認性と同じく「みつけやすさ」に関する性質だが、視認性と誘目性の異なる点は、「注意を向けているか = 視認性」「注意をむけていないか = 誘目性」となり、禁止事項や危険といった緊急性が高く重要な情報を知らせる場面や、利用者の目を引いて誘導する場面などに要求される。

 

 

明視性 めいしせい

図形で伝える対象の形や細部を認識しやすいかどうかの度合いのこと。単に色が見えるかどうかではなく意味や情報が細かく判別できるかどうかということがポイントとなる。

視認性や誘目性は、対象物の「見やすさ」の良否を基準にしているのに対して、明視性はすでに見つけた対象物の情報の「分かりやすさ」を基準にしている。道路案内標識や避難誘導灯といった、的確に情報を示す必要があるものに要求される。

 

 

可読性 かどくせい

文字や数字が読みやすいかどうかの度合いのこと。明視性と同様に、可読性もすでに見つけた対象物の情報の「分かりやすさ」を基準にしている。

 

 

識別性 しきべつせい

複数の対象の区別のしやすさのこと。目で見る情報量が多かったり複雑な場合、色で整理し、分類することで見やすくなり、情報の理解を高めることができる。線路図のような情報量が多く複雑な表示において「色で区別し識別させる」手法は非常に効果的といえる。

多くの色相を用いる場合には、色相が偏らないようにバランスよく選ぶ必要があり、同系色のみで配色すると統一感はでるが識別性が低くなるので、類似色相や隣接色相は避け、明確な色相差での配色をするとよいだろう。また、女性の表示は「赤」、男性の表示は「青」といったように色の持つイメージを利用することも大切である。

 

安全色彩

日本工業規格(JIS)が安全を確保するために決めた色。マンセル表色系を基に色ついて細かく規定し、交通標識や公共の案内板など様々な場で使われている。

日本では JIS によって決められていた安全色があったが、世界各国で統一した規格なかった。しかし、国際化によりすべての人が一目で分かることが必要となり、国際的に統一することが望ましくなった。

よって 2005年に国際標準化機構(ISO)にあわせる形で「JIS Z9101:2005(安全色及び安全標識 / 産業環境及び案内用安全標識のデザイン通則)」「JIS Z9103(安全色 / 一般的事項)」「JIS Z 9104(安全標識 / 一般的事項)」が改正された。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA