トーンのみかた【配色】


絵を描いているときや服を選ぶときなど、様々な場面で「赤を使いたいけど、何色と合わせたらいいのかな?」といったように、色選びに頭を悩ませることがあるのではないでしょうか。

組み合わせる色によっては、デザインの印象が大きく変わるのでとても重要になってきます。そこで、配色の基本のひとつである「PCCS」の「トーン」についてまとめてみました。

 

 

PCCS

Practical Color Co-ordinate System:日本色研配色体系の略語。

1964年に日本色彩研究所により、配色調和を第一の目的として、マンセル表色系とオストワルト表色系の長所を取り入れてつくられたカラーシステムである。

PCCSのカラーシステムの特徴は、「色相・明度・彩度」の三属性で色を表す方法のほかに、「明度」と「彩度」を融合した「トーン」という概念を持っており、「色相」と「トーン」の「二属性」で表すことができる。

 

 

トーンの分類

トーンとは、「明度と彩度の複合」的概念といえる色の調子(色調)のことで、明度と彩度が似ている色を集めてグループ化し、直感的に色の印象を表すことができる。

PCCSトーン表は、色の調子が共通した色を系統的に、「12種類の有彩色」と「5種類の無彩色」に分類した表で表されている。

 


▲クリックすると画像拡大

この色相環の使用している色はイメージカラーであり、実際の色とは異なるものです。

 

略記号
PCCS記号
マンセル値
CMYK / PGB(10進)/ カラーコード(16進)

 

 

有彩色

ビビッド
ブライド
ストロング
ディープ
ライト
ソフト
ダル
ダーク
ペール
ライトグレイッシュ
グレイッシュ
ダークグレイッシュ

 

無彩色

ホワイト
ライトグレー
ミディアムグレー
ダークグレー
ブラック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA