伝統文様とは


手ぬぐいや和小物など、古くから私たちの身近なものに日本の伝統文様は描かれています。

これらの文様のひとつ一つには、その時代に生きた人々の幸せへのさまざまな願いが込められており、その文様を身近なものに描きつかうことで、縁起を担いだりしていたのだそうです。

日本の伝統文様の種類は数多くあり、それらの種類や名前の由来、絵柄に込められた意味などについてまとめています。

 

 

 

文様 もんよう

文様とは、私たちの身近にある、お皿や衣服、建物の装飾などさまざまなものに描かれている模様の中で、使用する季節や人々の願いなどの特別な意味をもたせて描かれた図柄のこと。

日本における文様は、縄文時代の土器の表面に「より縄」を押しつけて描かれた「縄目文様」が残っており、最も古い文様と考えられている。

 

幾何学文様麻の葉、亀甲、七宝、鱗など
吉祥文様鶴、亀、松、竹、梅など
四季桜、団扇、トンボ、椿など
器物手毬、色紙、矢羽根など
自然天象月、流水、波、遠山など
役者文様六弥太格子、三枡、市松、観世水など

 

 

紋様 もんよう

お皿や建物などのものの表面を飾るためにつけられた図柄のこと。あるいは、織物の地に織り出された模様。

 

 

模様 もよう

ものの表面に自然に発生する、または人工的に表された図、絵、形などのあらゆる装飾につける図柄の総称。

 

 

柄 がら

布・織物などに描かれる模様。

 

 

家紋 かもん

家系、血統、家柄、地位を表すために用いられてきた紋章で、文様から変化したデザインが多い。

家紋の起源については様々な説があるようだが、平安時代の公家や貴族が牛車や調度品などに好みの文様を用いて、ほかの公家や貴族の所有物と区別する目印として使用したことが「家紋」の始まりとさるのが有力のようだ。

また、武家は戦陣で揚げる「旗印(はたじるし)」が起源とされるが時期については特定されていないが、公家より後に家紋を用いられるようになったと考えられている。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA