鯛文【吉祥文様】


手ぬぐいや和小物など、古くから私たちの身近なものに日本の伝統文様は描かれています。

これらの文様のひとつ一つには、その時代に生きた人々の幸せへのさまざまな願いが込められており、その文様を身近なものに描きつかうことで、縁起を担いだりしていたのだそうです。

日本の伝統文様の種類は数多くあり、それらの種類や名前の由来、絵柄に込められた意味などについてまとめています。

 

 

 

吉祥文様 きっしょうもんよう

吉祥とは、「良い兆し・めでたいしるし」を意味する。

 

 

松竹梅文 しょうちくばいもん

「松・竹・梅」の3つの植物を意匠化し組み合わせた、植物による吉祥文様のひとつ。

中国では、風雪や厳寒に耐えて緑を絶やさない「松」と、寒中でもまっすぐに伸びる「竹」、ほかの植物に先駆けて早春に花を咲かせる「梅」を、「歳寒三友(さいかんさんゆう)」として尊び、絵画や器物など幅広く描かれている。

平安時代に日本にも伝わり、婚礼衣装や嫁入り布団、礼服に描かれることも多く、代表的な吉祥文様として季節を問わず用いられている。

「松・竹・梅」の個々の文様は、平安時代から見られる図柄だが、この3つを組み合わせた文様は、室町時代に生まれたものと考えられている。

 

 

文様吉祥文様
植物文様
御利益開運招福
延命長寿

 

 

鯛文 たいもん

「めでたい・いわいた」といった語呂合わせから、祝事によく用いられている縁起魚の鯛を文様化したもの。

 

 

文様吉祥文様
動物文様
御利益

 

 

祝鯛文 いわいたいもん

二尾の鯛の頭と尾を向かい合わせて文様化したもので、「鯛丸文(たいまるもん)」とも呼ばれる。

日本では神への供物とされ、「めでたい」の語呂合わせから、冠婚席の彩りに季節を問わず用いられている。

 

御利益神仏加護
開運招福
富貴繁栄

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA