薬玉文【吉祥文様】


手ぬぐいや和小物など、古くから私たちの身近なものに日本の伝統文様は描かれています。

これらの文様のひとつ一つには、その時代に生きた人々の幸せへのさまざまな願いが込められており、その文様を身近なものに描きつかうことで、縁起を担いだりしていたのだそうです。

日本の伝統文様の種類は数多くあり、それらの種類や名前の由来、絵柄に込められた意味などについてまとめています。

 

 

 

吉祥文様 きっしょうもんよう

吉祥とは、「良い兆し・めでたいしるし」を意味する。

 

 

薬玉文 くすだまもん

麝香(じゃこう)や沈香(じんこう)を玉にして錦の袋に詰め、菖蒲(しょうぶ)や蓬(よもぎ)の葉、またはその造花で結び、五色の紐(ひも)をながく垂らした薬玉を文様化したもの。

古来より中国では、端午(たんご)の節供に薬玉を柱などに掛けておくことで、邪気を払い長寿を保つことができるとされており、その風習が平安時代に日本に伝わったものとされる。

江戸時代以降は女児の玩具として流行し、七五三用などの女児の祝い着の文様として好れるようになったとされる。

 

 

文様吉祥文様
器物文様
四季・春
御利益疫病退散
災難厄除

 

 

花薬玉文 はなくすだまもん

四季折々の花が飾りつけられた薬玉を文様化したもの。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA