熨斗文【吉祥文様】


手ぬぐいや和小物など、古くから私たちの身近なものに日本の伝統文様は描かれています。

これらの文様のひとつ一つには、その時代に生きた人々の幸せへのさまざまな願いが込められており、その文様を身近なものに描きつかうことで、縁起を担いだりしていたのだそうです。

日本の伝統文様の種類は数多くあり、それらの種類や名前の由来、絵柄に込められた意味などについてまとめています。

 

 

 

吉祥文様 きっしょうもんよう

吉祥とは、「良い兆し・めでたいしるし」を意味する。

 

 

熨斗文 のしもん

本来は、鮑(あわび)の肉を薄く剥いで、引き伸ばして乾燥させた「熨斗鮑(のしあわび)」のことで、延寿を象徴するものとして、細長く折りたたんだ熨斗紙の間に包み、結納品や進物、引き出物に添えられていたものを文様化したもの。

 

 

文様吉祥文様
器物文様
御利益不老長寿
夫婦円満

 

 

束ね熨斗文 たばねのしもん

熨斗鮑に見立てた細い帯状の複数の和紙などを束ねて文様化したもの。

 

暴れ熨斗文 あばれのしもん

束ね熨斗が跳ね上がり、絡み合って乱れている様子を文様化したもの。

 

花熨斗文 はなのしもん

四季折々の花束を檀紙(だんし)に包み、水引きで飾ったものを文様化したもの。

 

御利益富貴繁栄
開運招福

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA