宝尽くし文【吉祥文様】


手ぬぐいや和小物など、古くから私たちの身近なものに日本の伝統文様は描かれています。

これらの文様のひとつ一つには、その時代に生きた人々の幸せへのさまざまな願いが込められており、その文様を身近なものに描きつかうことで、縁起を担いだりしていたのだそうです。

日本の伝統文様の種類は数多くあり、それらの種類や名前の由来、絵柄に込められた意味などについてまとめています。

 

 

 

吉祥文様 きっしょうもんよう

吉祥とは、「良い兆し・めでたいしるし」を意味する。

 

 

宝尽くし文 たからづくしもん

縁起のよいとされる様々な宝物を組み合わせ文様化したもの。

「八宝(はっぽう)」や「雑宝」といった「数」に縁起を込めた、中国の吉祥思想が室町時代に日本に伝わり、それが日本風に置き換えられ文様化したもので、時代や地域によってモチーフは異なるが、いずれも吉祥文様となる。

 

 

 

文様吉祥文様
器物文様
御利益商売繁盛
開運招福
金運上昇
災難厄除

 

 

八宝 はっぽう

仏教で用いられていた、法螺(ほら)や法輪(ほうりん)、宝傘(ほうさん)、天蓋(てんがい)、蓮華(れんげ)、宝瓶(ほうびょう)、金魚(きんぎょ)、盤長(ばんちょう)といった法具などを意匠化したものを文様化したもの。
 

御利益開運招福
諸願成就
神仏加護

 

 

打ち出の小槌 うちでのこづち

打ち出の小槌を文様化したもの。

一寸法師や七福神の大黒天が持っている打ち出の小槌は、願いを込めて振れば欲しいものが手に入るとされている。

また、小槌は物を打つ道具であることから敵を「討つ」に通じるとされ、武将に好まれ武具や馬具に多く描かれている。

 

御利益開運招福
武運長久
必勝祈願
富貴繁栄
昇進栄達

 

 

 

丁子 ちょうじ

古くから薬用、香料、染料などに利用されているスパイスの「クローブ」を文様化したもの。

かつては貴重品として珍重されていたことから縁起の良いものとされ、形の面白さからも文様として用いられている。

 

 

隠れ蓑文 かくれみのもん

藁や茅(かや)などで作られた防寒や雨などから身を守る蓑を文様化したもの。

天狗の持ち物とされる蓑をを身につけると、他人から身を隠すことができるとされることから「隠れ蓑」と呼ばれている。

 

御利益災難厄除
聞き上手祈願

 

 

隠れ笠 かくれがさ

藁や茅(かや)などで作られた、防寒や雨などから身を守るための笠を文様化したもの。

これを被ると他人から身を隠すことができるとされることから「隠れ笠」と呼ばれている。

 

 

分銅 ぶんどう

秤(はかり)で物の重さを量るときに使う「おもり」を文様化したもの。

 

 

金嚢 きんのう

お守りやお金、香料など貴重品を入れる、錦などで装飾された袋(巾着)を文様化したもの。

 

 

宝巻 ほうかん

お経や秘伝などが記された巻軸を文様化したもの。

 

 

宝珠 ほうじゅ

丸くて上の方がとんがり、その左右に火炎が燃え上がっている宝の珠を文様化したもの。

この珠に祈ればあらゆる願い事がおもいのままに叶えることができるとされる。

 

 

七宝文 しちほうもん

同じ大きさの円を四方に重ねて繋いでゆく連続文様。

仏教では、金・銀・瑠璃・玻璃(はり)・珊瑚(さんご)・瑪瑙(めのう)・しゃこを7つの宝物と意味する。

七宝の円形は途切れることなく永遠に展開することができることから、「円満」を表す吉祥文様として扱われている。

 

御利益富貴繁栄
子孫繁栄

 

 

宝鑰 ほうやく

蔵を開ける鍵を文様化したもので、 「鍵文(かぎもん)」とも呼ばれる。

心の不安を解きほぐし、光明が得られる力が託されている。

 

御利益富貴繁栄
開運招福
商売繁盛
魔除け

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA