扇文【吉祥文様】


手ぬぐいや和小物など、古くから私たちの身近なものに日本の伝統文様は描かれています。

これらの文様のひとつ一つには、その時代に生きた人々の幸せへのさまざまな願いが込められており、その文様を身近なものに描きつかうことで、縁起を担いだりしていたのだそうです。

日本の伝統文様の種類は数多くあり、それらの種類や名前の由来、絵柄に込められた意味などについてまとめています。

 

 

 

吉祥文様 きっしょうもんよう

吉祥とは、「良い兆し・めでたいしるし」を意味する。

 

 

扇文 おうぎもん

扇や扇子を文様化したもの。

扇を開いた形状が「発展・繁栄」を表す「末広がり」に通じることから吉祥文様として好まれ、「末広文(すえひろもん)」や「扇面文(せんめんもん)」とも呼ばれる。

 

 

 

文様吉祥文様
器物文様
御利益立身出世
技芸上達

 

 

扇流し文 おうぎながしもん

扇が水に流されていく様を文様化したもの。

扇を開いた形状が末広がることから「発展・繁栄」を、水は「金運」を表すとされ、富貴繁栄の願いが込められている。

四季折々の草花などを描かれた扇は、慶事の場でもさらに華やかに彩ることができ、着物や和装小物の柄として好まれている。

 

御利益金運上昇
富貴繁栄
開運招福

 

 

 

扇散らし文 おうぎちらしもん

全開に開いた扇や半開きの扇などを一面に散らした文様。

 

 

檜扇文 ひおうぎもん

檜(ひのき)の薄板を重ね合わせ糸でつないで扇状に、男子用は文様なし、女子用には胡粉や金銀で華麗な文様が描かれた、平安時代の貴族が装身具として使っていた扇子を文様化したもの。

 

御利益商売繁盛
開運招福
恋愛成就

 

 

扇円文 おうぎえんもん

三つの扇面の要(かなめ)を中心に寄せ集めて丸く構成し文様化したもの。

 

 

扇面重ね文 せんめんがさねもん

広げた扇子を重ねた文様。

 

 

花扇文 はなおおぎもん

扇状に花を配し文様化したもの。

宮中で行われていた七夕の儀式には、近衛家(このえけ)から花扇を献上する風習があったことから生まれた文様だとされている。

打ち掛けや留め袖、訪問着などに多く用いられている。

 

 

 

御利益富貴繁栄
五穀豊穣

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA