四君子文【吉祥文様】


手ぬぐいや和小物など、古くから私たちの身近なものに日本の伝統文様は描かれています。

これらの文様のひとつ一つには、その時代に生きた人々の幸せへのさまざまな願いが込められており、その文様を身近なものに描きつかうことで、縁起を担いだりしていたのだそうです。

日本の伝統文様の種類は数多くあり、それらの種類や名前の由来、絵柄に込められた意味などについてまとめています。

 

 

 

吉祥文様 きっしょうもんよう

吉祥とは、「良い兆し・めでたいしるし」を意味する。

 

 

四君子文 しくんしもん

四季を代表する草花「蘭(らん)・竹・菊・梅」の 4種の植物を意匠化し組み合わせた、植物による吉祥文様のひとつ。

君子とは、中国の宋の時代に「人徳・学識・礼儀に優れた高潔な人」のこと指し、「蘭」はほのかな香りと気品を備えた花を春に咲かせ、「竹」は寒い冬にも葉を落とさず青々とまっすぐに伸びる性質を持ち、「菊」は晩秋の寒さの中で鮮やかに花を咲かせ、「梅」は早春の雪の中で最初に花を咲かせる強さをもち春の訪れを告げることから、「君子」として必要な性質を象徴していると考えられ、「四君子」になぞらえらたとされる。

平安時代ごろに日本にも伝わり、春は蘭、夏は竹、秋は菊、冬は梅と四季を代表することから、江戸時代には着物など様々な物の絵柄に使われるようになり、「吉祥文様」として扱われるようになったのだとか。

 

 

文様吉祥文様
植物文様
御利益

 

 

四君子丸文 しくんしまるもん

「蘭(らん)・竹・菊・梅」の 4種の植物を丸く構成した「花丸文」を大きく散らし文様化したもの。

 

 

立涌に四君子文 たてわくにしくんしもん

向かい合った2本の曲線で中央が膨れ、両端がすぼまった形に構成した幾何学文様の「立涌」の膨らんだ部分に意匠化した「蘭(らん)・竹・菊・梅」を文様化したもの。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA