唐草文【幾何学文様】


手ぬぐいや和小物など、古くから私たちの身近なものに日本の伝統文様は描かれています。

これらの文様のひとつ一つには、その時代に生きた人々の幸せへのさまざまな願いが込められており、その文様を身近なものに描きつかうことで、縁起を担いだりしていたのだそうです。

日本の伝統文様の種類は数多くあり、それらの種類や名前の由来、絵柄に込められた意味などについてまとめています。

 

 

 

幾何学文様 きかがくもんよう

直線や曲線、点や面によって規則的に繰り返される抽象的な線文様。縄文時代や弥生時代、古墳時代に描かれていた図形の大部分がこの幾何学文様であったことから「原始文様」とも言われる。

 

 

唐草文 からくさもん

蔓草(つるくさ)が伸びて絡み合った様を文様化したもの。

日本では、中国から伝わった「蔓草文様」として捉えられたものだが、文様そのものは、エジプトやペルシャ、メソポタミア、ギリシャなどでも、古くから使われている。

蔓草は、生命力が強くどこまでも伸び育つことから、「延命長寿」の象徴として描かれることが多い。

 

 

文様吉祥文様
幾何学文様
植物文様
有職文様
御利益未来永劫
神仏加護
子孫繁栄
富貴繁栄

 

 

 

花唐草文 はなからくさもん

四季折々の草花と唐草を組み合わせ文様化したもの。

 

 

梅唐草文 うめからくさもん

梅の花と唐草を組み合わせ文様化したもの。

 

桜唐草文 さくらからくさもん

桜の花と唐草を組み合わせ文様化したもの。

 

 

菊唐草文 きくからくさもん

菊の花と唐草を組み合わせ文様化したもの。

 

文様有職文様
御利益無病息災
延命長寿
未来永劫

 

 

藤唐草文 ふじからくさもん

藤の花や葉、蔓(つる)と唐草を組み合わせ文様化したもの。

 

 

牡丹唐草文 ぼたんからくさもん

牡丹の花と唐草を組み合わせ文様化したもの。

 

 

 

文様有職文様

 

 

 

唐花唐草文 からはなからくさもん

唐花と唐草を組み合わせ文様化したもの。

唐花とは、中国から伝わったとされる花文で、蓮(はす)や牡丹(ぼたん)、あるいは、唐風(中国風)を感じさせる空想の花などの、複数の植物を組み合わせて図案化されたもの。

 

 

花鳥唐草文 かちょうからくさもん

花と鳥を組み合わせた文様「花鳥文」と唐草を組み合わせ文様化したもの。

 

 

 

桐唐草文 きりからくさ

五七の桐と唐草を組み合わせ文様化したもの。

 

文様有職文様

 

 

桐竹唐草文 きりたけからくさ

桐と竹、唐草を組み合わせ文様化したもの。

 

文様有職文様

 

 

 

丁子唐草文 ちょうしからくさもん

丁子の実と唐草を組み合わせ文様化したもの。

 

文様有職文様

 

 

鉄線唐草文 てっせんからくさもん

茎が鉄の線のように硬い「鉄線(クレマチス)」の花と唐草を組み合わせ文様化したもの。

 

文様有職文様
御利益夫婦円満
子孫繁栄

 

 

 

瓢箪唐草文 ひょうたんからくさもん

瓢箪と唐草を組み合わせ文様化したもの。

 

 

葡萄唐草文 ぶどうからくさもん

葡萄と唐草を組み合わせ文様化したもの。

 

 

轡唐草文 くつわからくさもん

馬の口に付ける、手綱をつけるための金属製の馬具「轡(くつわ)」と唐桃(からもも/杏)の葉に似せた「杏葉轡(ぎょうようくつわ)」をモチーフにしたものに、唐草を組み合わせ文様化したもの。

 

文様有職文様
御利益武運長久
富貴繁栄

 

 

雲唐草文 くもからくさもん

雲と唐草を組み合わせ文様化したもの。

 

 

輪無唐草文 わなしからくさもん

 

文様有職文様

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA