格子文【幾何学文様】


手ぬぐいや和小物など、古くから私たちの身近なものに日本の伝統文様は描かれています。

これらの文様のひとつ一つには、その時代に生きた人々の幸せへのさまざまな願いが込められており、その文様を身近なものに描きつかうことで、縁起を担いだりしていたのだそうです。

日本の伝統文様の種類は数多くあり、それらの種類や名前の由来、絵柄に込められた意味などについてまとめています。

 

 

 

幾何学文様 きかがくもんよう

直線や曲線、点や面によって規則的に繰り返される抽象的な線文様。縄文時代や弥生時代、古墳時代に描かれていた図形の大部分がこの幾何学文様であったことから「原始文様」とも言われる。

 

 

格子文 こうしもん

障子などに用いられる細い木や竹を、縦・横に組み合わせた格子を文様化したもの。

 

 

文様幾何学文様
割付

 

 

小格子文 こうしもん

小柄な格子を文様化したもの。

 

 

大格子文 こうしもん

大柄な格子を文様化したもの。

 

 

三筋格子文 みすじこうもんし

同じ太さを3本の線を並べた縞を一組として並べた縞模様「三筋縞」を格子状に配し文様化したもの。

歌舞伎役者七代目 市川団十郎(いちかわ だんじゅうろう)が「累(かさね)」の与右衛門(よえもん)の役を演じた時に、市川家の定紋である「三升(みます)」の紋を崩し「格子縞」としたものを衣装に用いた模様で、「団十郎格子」「団十郎縞」「三升格子」とも呼ばれる。
 

 

翁格子文 おきなこうしもん

太い線の格子の中に、細い線の格子をいくつか配して文様化したもの。

 

 

斜め格子文 ななめこうしもん

格子を斜めに配し文様化したもの。

 

 

微塵格子文 みじんこうしもん

格子模様の中でも、特に細かい格子模様を配したもの。

 

 

弁慶格子文 べんけいこうしもん

紺と浅葱 (あさぎ) 、紺と茶などの 2種の色糸を縦横の両方に使って、格子状に織り込んだもの。

紺と浅葱 (あさぎ)の2色の糸を使って織り込んだものは「藍弁慶」、紺と茶の2色の糸を使って織り込んだものは「茶弁慶」と呼ばれている。

 

 

 

変わり格子文 かわりこうしもん

「格子」の正規の文様を変形させて描かれている文様。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA