七宝文【幾何学文様】


手ぬぐいや和小物など、古くから私たちの身近なものに日本の伝統文様は描かれています。

これらの文様のひとつ一つには、その時代に生きた人々の幸せへのさまざまな願いが込められており、その文様を身近なものに描きつかうことで、縁起を担いだりしていたのだそうです。

日本の伝統文様の種類は数多くあり、それらの種類や名前の由来、絵柄に込められた意味などについてまとめています。

 

 

 

幾何学文様 きかがくもんよう

直線や曲線、点や面によって規則的に繰り返される抽象的な線文様。縄文時代や弥生時代、古墳時代に描かれていた図形の大部分がこの幾何学文様であったことから「原始文様」とも言われる。

 

 

七宝文 しっぽうもん

同じ大きさの円を四方に重ねて繋いでゆく連続文様で、有職文様では「輪違い」と呼ばれている。

仏教では、金・銀・瑠璃・玻璃(はり)・珊瑚(さんご)・瑪瑙(めのう)・しゃこを7つの宝物と意味する。

七宝の円形は途切れることなく永遠に展開することができることから、「円満」を表す吉祥文様として扱われている。

 

 

 

文様吉祥文様
幾何学文様
有職文様
割付
小紋
御利益富貴繁栄
子孫繁栄

 

 

七宝繋ぎ文 しちほうつなぎもん

七宝文(しっぽうもん)をつなぎ合わせた文様。

御利益技芸上達
恋愛成就
夫婦円満

 

 

花七宝文 はなしっぽうもん

七宝の円の中心に花を配した文様化したもの。

 

 

星七宝文 ほししっぽうもん

4つの円が交差する部分に小さな円(星)を配した文様化したもの。

 

 

破れ七宝文 やぶれしっぽうもん

七宝繋ぎの所々を破れたように途切れている文様化したもの。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA