縞文【幾何学文様】


手ぬぐいや和小物など、古くから私たちの身近なものに日本の伝統文様は描かれています。

これらの文様のひとつ一つには、その時代に生きた人々の幸せへのさまざまな願いが込められており、その文様を身近なものに描きつかうことで、縁起を担いだりしていたのだそうです。

日本の伝統文様の種類は数多くあり、それらの種類や名前の由来、絵柄に込められた意味などについてまとめています。

 

 

 

幾何学文様 きかがくもんよう

直線や曲線、点や面によって規則的に繰り返される抽象的な線文様。縄文時代や弥生時代、古墳時代に描かれていた図形の大部分がこの幾何学文様であったことから「原始文様」とも言われる。

 

 

縞文 しまもん

複数の直線または直線に近い筋の連続文様。

南蛮貿易によって東南アジアから舶来した縦縞の木綿を「島物(しまもの)」と読んでいたことに由来しているとされる。

 

 

文様幾何学文様
割付文様
御利益開運招福
諸願成就

 

 

棒縞文 ぼうじまもん

棒を並べたような太い縦縞の文様のこと。

筋(縞)の太さによって「大棒縞(おおぼうじま)」「中棒縞(ちゅうぼうじま)」「小棒縞(こぼうじま)」と呼び分けられる。

 

 

大名縞文 だいみょうじまもん

筋と筋の間が広く配された、細かい縦縞の文様のことで、「大明縞(だいみょうじま)」の漢字が用いられることもある。

 

 

滝縞文 たきじまもん

太い筋からだんだんと細い筋に並んで配された縞文様のこと。

 

 

子持ち縞文 こもしじまもん

太い筋に沿って細い筋を平行に並べた縞文様のこと。

 

 

鰹縞文 かつおじまもん

濃淡の変化で表す筋文様を鰹(かつお)の背から腹にかけての色彩になぞらえた縞文様のこと。

 

 

矢鱈縞文 やたらじまもん

筋の間隔や太さ、いろの配色が不規則な縞文様のこと。

 

 

 

竹縞文 たけじまもん

竹を模した縞模様のこと。

 

 

三筋立文 みすじだてもん

3本の線ごとに配された縦縞の文様のこと。

 

 

千筋文 せんすじもん

非常に細かい筋を配した縦縞の文様のこと。

 

 

 

万筋文 まんすじもん

千筋文よりもさらに筋を細かく配した縦縞の文様のこと。

 

 

微塵筋文 みじんすじもん

万筋文よりもさらに筋を細かく配した縦縞の文様のこと。

 

 

よろけ筋文 よろけすじもん

曲線の筋を縞状に配した文様のこと。

 

 

曲輪繋ぎ文 きょくわつなぎもん

輪を重ねて繋げて、縞状に配した文様のこと。

 

 

 

芝翫縞文 しかんじまもん

4本の筋と鐶(かん)つなぎとを、交互に配した縦縞の文様のこと。

江戸時代に活躍した歌舞伎役者 3代目 中村歌右衛門(なかむら うたえもん)が、歌舞伎狂言「双蝶蝶曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)」で、放駒長吉(はなれごまのちょうきち)を演じた時の衣装にこの模様を用いたもので、中村歌右衛門(なかむら うたえもん)の俳号である「芝翫(しかん)」 にちなんでで付けられた名前なのでとか。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA