青海波文【幾何学文様】


手ぬぐいや和小物など、古くから私たちの身近なものに日本の伝統文様は描かれています。

これらの文様のひとつ一つには、その時代に生きた人々の幸せへのさまざまな願いが込められており、その文様を身近なものに描きつかうことで、縁起を担いだりしていたのだそうです。

日本の伝統文様の種類は数多くあり、それらの種類や名前の由来、絵柄に込められた意味などについてまとめています。

 

 

 

幾何学文様 きかがくもんよう

直線や曲線、点や面によって規則的に繰り返される抽象的な線文様。縄文時代や弥生時代、古墳時代に描かれていた図形の大部分がこの幾何学文様であったことから「原始文様」とも言われる。

 

 

青海波文 せいがいはもん

同心円の一部が扇状に互い違いに重ね合わせ、大海原に見立てた連続文様で、エジプトやペルシャを始めとする世界各地で、古くから見られる文様のひとつ。

海に囲まれた日本では、古くから海にまつわる伝説や民族信仰が伝わり、大海原を表した青海波文は、海がもたらす「幸」を呼び寄せる文様とされ、吉祥文様として使われている。

 

 

 

文様幾何学文様
自然文様
吉祥文様
有職文様
割付文様
小紋
御利益大漁祈願
富貴繁栄
未来永劫
技芸上達

 

 

破れ青海波文 やぶれせがいはもん

青海波の所々が破れたように配した文様。

 

 

花青海波文 はなせがいもん

花の形を互い違いに配し青海波に見立てたもの。

 

 

菊青海波文 きくせがいもん

菊の花を互い違いに配し青海波に見立てたもの。

 

 

 

鮫青海波文 さめせがいもん

鮫小紋を互い違いに配し青海波に見立てたもの。

 

 

竹青海波文 たけせがいもん

竹や笹の葉を互い違いに配し青海波に見立てたもの。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA