独鈷文【幾何学文様】


手ぬぐいや和小物など、古くから私たちの身近なものに日本の伝統文様は描かれています。

これらの文様のひとつ一つには、その時代に生きた人々の幸せへのさまざまな願いが込められており、その文様を身近なものに描きつかうことで、縁起を担いだりしていたのだそうです。

日本の伝統文様の種類は数多くあり、それらの種類や名前の由来、絵柄に込められた意味などについてまとめています。

 

 

 

幾何学文様 きかがくもんよう

直線や曲線、点や面によって規則的に繰り返される抽象的な線文様。縄文時代や弥生時代、古墳時代に描かれていた図形の大部分がこの幾何学文様であったことから「原始文様」とも言われる。

 

 

独鈷文 どっこもん

煩悩を打ち砕くのに用いられる槍状の刃が柄の上下に1つずついた密教法具(みっきょうほうぐ)のひとつである「独鈷(どっこ)」を、コロコロと転がして現れた模様を図案化しもの。

金剛杵(こんごうしょ)とは、真言宗や天台宗、禅宗の日本仏教などで修法のときに用いられる法具のひとつで、インド神話の雷神 インドラ(帝釈天 たいしゃくてん)が持っていたとされる武器がもとになっていると言われている。

 

 

 

文様幾何学文様
御利益

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA