桜文【四季文様・春】


手ぬぐいや和小物など、古くから私たちの身近なものに日本の伝統文様は描かれています。

これらの文様のひとつ一つには、その時代に生きた人々の幸せへのさまざまな願いが込められており、その文様を身近なものに描きつかうことで、縁起を担いだりしていたのだそうです。

日本の伝統文様の種類は数多くあり、それらの種類や名前の由来、絵柄に込められた意味などについてまとめています。

 

 

 

四季文様・春 しきもんよう・はる

日本には「春・夏・秋・冬」と季節の移り変わりを楽しむことができる「四季」があり、その季節の中から「春」を彩る草花や風景などを文様化したものについて調べてみた。

 

 

桜文 さくらもん

桜の花や枝を文様化したもの。

桜は古くから日本人が愛好する花のひとつで、平安時代には宮廷で桜花の宴が催されるようになり、それまでの梅の花に変わって日本の代表的な花になった。

桜には稲の神が宿っているとされ、古来より開花の状況でその年の豊凶を占っていたとされる。

単に季節を象徴するだけでなく、「花の文様」として季節を問わず、衣類や食器、家具などに広く用いられている。

 

 

文様四季文様・春
吉祥文様
植物文様
御利益豊作祈願
未来永劫
富貴繁栄
五穀豊穣
神仏加護

 

 

山桜文 やまざくらもん

力強く伸びた枝先に満開の桜の花を咲かせた山桜を文様化したもの。

 

 

 

小桜文 こざくらもん

小さな桜の花を一面に散らし文様化したもの。

 

 

八重桜文 やえざくらもん

小さな桜の花びらを重ねて八重咲きの桜を表現したもので、室町時代以降に、山桜と並んで親しまれるようになった文様。

 

 

枝垂桜文 しだれざくらもん

柳の枝のように、たおやかに垂れ下がった桜の枝と花を文様化したもの。

 

 

結び桜文 むすびざくらもん

紐などで結んだような桜の花の形を文様化したもの。

 

 

九曜桜文 くようざくらもん

中央に大円、その周囲に小さな8個の円を配した九曜文に、桜の花を置き換えて文様化したもの。

九曜とは、古代インドの占星術で、日時・方角などの吉凶と人間の運命との関係を説明する、日曜・月曜・火曜・水曜・木曜・金曜・土曜・羅語(らご)・計都(けいと)の九星のことで、天地四方を守る神として信仰された。

 

 

桜散らし文 さくらちらしもん

花や花びらを散らし文様化したもので、ほかの草花と組み合わせて描かれることも多い。

 

 

 

桜に撫子文 さくらになでしこもん

桜の花と撫子の花を組み合わせ文様化したもの。

 

御利益良縁祈願
美人祈願
玉の輿祈願
立身出世

 

 

桜楓文 おうふうもん

春の桜、秋の楓を組み合わせ文様化したもの。

「春と秋の2つの季節の風情ある美しいものを合わせたら、より美しいものになるのでは」という日本人の嗜好から生まれた文様。

 

 

御利益立身出世
災難厄除
技芸上達

 

 

流水に桜文 りゅうすういにさくらもん

水の流れに桜の花や花びらが流れていく様子を文様化したもの。

 

御利益開運招福
諸願祈願

 

 

桜吹雪文 さくらふぶきもん

桜の花をのせた筏が、川を流れる様子を文様化したもの。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA