藤文【四季文様・春】


手ぬぐいや和小物など、古くから私たちの身近なものに日本の伝統文様は描かれています。

これらの文様のひとつ一つには、その時代に生きた人々の幸せへのさまざまな願いが込められており、その文様を身近なものに描きつかうことで、縁起を担いだりしていたのだそうです。

日本の伝統文様の種類は数多くあり、それらの種類や名前の由来、絵柄に込められた意味などについてまとめています。

 

 

 

四季文様・春 しきもんよう・はる

日本には「春・夏・秋・冬」と季節の移り変わりを楽しむことができる「四季」があり、その季節の中から「春」を彩る草花や風景などを文様化したものについて調べてみた。

 

 

藤文 ふじもん

藤の花や葉、蔓(つる)を文様化したもの。

藤は生命力が強く、ほかの樹木に巻きつきながら伸べていくことから「長寿・子孫繁栄」の象徴とされて、縁起の良い文様として古くから利用されている。

また、「藤」は「不二・不死」にもつながることから、平安時代に栄華を極めた藤原氏の家紋に取り入れられ、「有職文様」として公家のさまざまな装束に「藤」の文様が用いられている。

 

文様四季文様・春
吉祥文様
植物文様
有職文様
御利益子孫繁栄
延命長寿
富貴繁栄

 

 

松藤文 まつふじもん

藤の花と松を組み合わせ文様化したもの。

藤の淡紫色と松の緑色は高貴な色として古くから愛され、共に「長寿」を象徴する植物とされている。

 

 

藤花文 ふじはなもん

優美にた枝垂れる藤の花房を文様化したもの。

 

 

 

八藤文 やつふじもん

四弁の花菱を中心に菱形に構成した4組の藤の花房を丸く配したもの。

花房から中心に向かって伸びる蔓のもじれ方によって「二捩(ふたもじり)・三捩(みもじり)」がある。

 

 

藤襷文 ふじたすきもん

藤の花房を斜めに直線化し、交差させた菱の中に種々の文様を配し文様化したもの。

 

 

藤立涌文 ふじたてわくもん

花房を曲線状にし、立涌状に文様化したもの。

 

 

藤丸文 ふじまるもん

藤の花房を丸く文様化したもの。

 

 

藤棚文 ふじだなもん

竹でつくられた棚から垂れ下がる藤の姿を文様化したもの。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA