牡丹文【四季文様・春】


手ぬぐいや和小物など、古くから私たちの身近なものに日本の伝統文様は描かれています。

これらの文様のひとつ一つには、その時代に生きた人々の幸せへのさまざまな願いが込められており、その文様を身近なものに描きつかうことで、縁起を担いだりしていたのだそうです。

日本の伝統文様の種類は数多くあり、それらの種類や名前の由来、絵柄に込められた意味などについてまとめています。

 

 

 

四季文様・春 しきもんよう・はる

日本には「春・夏・秋・冬」と季節の移り変わりを楽しむことができる「四季」があり、その季節の中から「春」を彩る草花や風景などを文様化したものについて調べてみた。
 

 

牡丹文 ぼたんもん

艶やかで大輪の花を咲かせることから、中国では「百花王(ひゃっかのおう)」とも呼び、瑞祥花のひとつとして人気を誇り、富貴の象徴として親しまれてきた。

奈良時代に中国か、牡丹の根皮(こんぴ)には頭痛や腰痛などに効果がある長寿の妙薬として日本に伝わり、平安時代に入ると観賞用として、宮廷や寺院で栽培されるようになり、江戸期には一般庶民にも栽培が可能になり身近な花として親しまれた。

鎌倉時代以降、覇者の徴とされたことから、武将たちに好まれ兜や甲冑、刀の鍔(つば)などに用いられた文様。

 

 

文様四季文様・春
植物文様
御利益商売繁盛
子孫繁栄
無病息災
富貴繁栄
立身出世

 

 

寒牡丹文 かんぼたんもん

冬に開花する寒牡丹の花を文様化したもの。

雪除けの藁(わら)の中で花を咲かせる様子が神秘的で美しいことから、「美」の象徴として俳句や和歌、日本画の題材としてよく用いられている。

 

御利益技芸上達
恋愛成就
美人祈願

 

 

蟹牡丹文 かにぼたんもん

牡丹の花を蟹に見立て文様化したもの。

 

 

蝶牡丹文 ちょうぼたんもん

牡丹の花を蝶々に見立て文様化したもの。

 

 

 

牡丹唐草文 ぼたんからくさもん

牡丹の花を唐草の葉でつないで描からた文様。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA