柳文【四季文様・春】


手ぬぐいや和小物など、古くから私たちの身近なものに日本の伝統文様は描かれています。

これらの文様のひとつ一つには、その時代に生きた人々の幸せへのさまざまな願いが込められており、その文様を身近なものに描きつかうことで、縁起を担いだりしていたのだそうです。

日本の伝統文様の種類は数多くあり、それらの種類や名前の由来、絵柄に込められた意味などについてまとめています。

 

 

 

四季文様・春 しきもんよう・はる

日本には「春・夏・秋・冬」と季節の移り変わりを楽しむことができる「四季」があり、その季節の中から「春」を彩る草花や風景などを文様化したものについて調べてみた。

 

 

柳文 やなぎもん

柳を文様化したもの。

強靭(きょうじん)な根を持ち水辺でもよく育つことから、水害防止のために川や池の周囲に植栽されている。

中国では、強い生命力にあやかり「瑞祥(ずいしょう)」の植物とされ、奈良時代中期以降に日本に伝わったものとされる。

 

 

 

文様四季文様・春
植物文様
御利益災難厄除
無病息災
水難防止
子孫繁栄

 

 

芽柳文 めやなぎもん

早春に柔らかな緑色に芽吹く柳を文様化したもの。

 

 

 

猫柳文 ねこやなぎもん

枝先にふわっとした猫毛のような花穂をつける猫柳を文様化したもの。

 

 

柳に燕文 やなぎにつばめもん

芽吹き柳に燕(つばめ)の飛んでる様子を組み合わせて文様化したもの。

 

 

柳に鷺文 やなぎにさぎもん

芽吹き柳に鷺(さぎ)を組み合わせて文様化したもの。

 

 

 

観世水に柳文 かんぜすいにやなぎもん

曲線で あらわした流水文様の観世水(かんぜすい)に柳を組み合わせて文様化したもの。

 

 

雪持柳文 かんぜすいにやなぎもん

柳に雪が積もった様子を文様化したもの。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA