鶴亀文【吉祥文様】


手ぬぐいや和小物など、古くから私たちの身近なものに日本の伝統文様は描かれています。

これらの文様のひとつ一つには、その時代に生きた人々の幸せへのさまざまな願いが込められており、その文様を身近なものに描きつかうことで、縁起を担いだりしていたのだそうです。

日本の伝統文様の種類は数多くあり、それらの種類や名前の由来、絵柄に込められた意味などについてまとめています。

 

 

 

吉祥文様 きっしょうもんよう

吉祥とは、「良い兆し・めでたいしるし」を意味する。

 

 

鶴亀文 つるかめもん

「鶴は千年、亀は万年」という言葉があるように、長寿を象徴する鶴と亀を組み合わせた動物による吉祥文様。

 

 

文様吉祥文様
動物文様
御利益不老不死
延命長寿

 

 

鶴文 つるもん

鶴を文様化したもの。

中国では、寿老人(じゅろうじん)が鶴に乗って七福神を招いたとされることから、「瑞鳥(ずいちょう)・仙鶴(せんかく)」として尊ばれている。

日本でも高貴な鳥とされ、また「鶴は千年、亀は万年」という言葉があるように、亀と共に長寿の瑞祥(ずいしょう)とされ、慶事文様に欠かせない文様のひとつである。

 

 

 

文様吉祥文様
動物文様
御利益神仏加護
延命長寿
戦勝祈願

 

 

鶴丸文 つるまるもん

翼を広げた鶴を丸く構成し文様化したもの。

めでたい鳥のひとつとされる鶴を円状に描くことで、「長寿で円満に過ごす」ことへの祈りが込められている。

 

御利益家族円満
延命長寿

 

 

向鶴丸文 むかいつるまる

翼を広げた2羽の鶴が向かい合せて、または上下逆さまにした翼を広げた2羽の鶴が向かい合せ丸く構成し文様化したもの。

 

 

飛鶴文 ひかくもん

鶴が飛んでいる様子を文様化したもの。「舞鶴文(まいづるもん)」ともいう。

 

御利益夫婦円満
恋愛成就

 

 

群鶴文 ぐんかくもん

鶴が群れをなして飛翔している様子を文様化したもの。

鶴は長寿の瑞鳥(ずいちょう)とされ、数が多いことは、「多幸」に繋がることから御利益の意味を強めるために群れで描かれているとされる。

 

 

御利益夫婦円満
恋愛成就

 

 

立鶴文 たちづるもん

鶴が羽根を休めて立っている姿を文様化したもの。

凛とした立ち姿の美しい鶴は、礼装用の留袖や袋帯にみられる文様。

 

御利益技芸上達
恋愛成就
夫婦円満

 

 

松喰鶴文 まつくいづるもん

松の小枝を咥(くわ)えた鶴を文様化したもの。

オリーブの小枝やリボン、真珠などを咥えて飛翔(ひしょう)する鸚鵡(おうむ)や鳩など異国の鳥で描いた西洋の文様が、中国に経て日本にも伝わり、平安時代になると和風化した文様とされる。

 

御利益開運招福
立身出世

 

 

 

折り鶴文 おりづるもん

折り紙の鶴を文様化したもの。

折り鶴や千羽鶴は病気快癒(びょうきかいゆ)や長寿の祝いなどに贈る風習がある。

 

 

御利益病気快癒
開運招福
平和祈願

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA