鴛鴦文【吉祥文様】


手ぬぐいや和小物など、古くから私たちの身近なものに日本の伝統文様は描かれています。

これらの文様のひとつ一つには、その時代に生きた人々の幸せへのさまざまな願いが込められており、その文様を身近なものに描きつかうことで、縁起を担いだりしていたのだそうです。

日本の伝統文様の種類は数多くあり、それらの種類や名前の由来、絵柄に込められた意味などについてまとめています。

 

 

 

吉祥文様 きっしょうもんよう

吉祥とは、「良い兆し・めでたいしるし」を意味する。

 

 

鴛鴦文 おしどりもん

カモ科の水鳥「鴛鴦(おしどり)」を文様化したもの。鴛鴦文は「えいおうもん」とも呼ばれる。

雄のオシドリを「鴛(えん)」、雌オシドリを「鴦(おう)」といい、雄と雌がいつも番(つが)いでいる鳥であることから、「仲睦まじい夫婦」の象徴とされ、礼装や盛装用の着物や帯、花嫁のお色直しに用いられている。

 

 

文様吉祥文様
動物文様
御利益家内安全
良縁祈願

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA