柘榴文【植物文様】


手ぬぐいや和小物など、古くから私たちの身近なものに日本の伝統文様は描かれています。

これらの文様のひとつ一つには、その時代に生きた人々の幸せへのさまざまな願いが込められており、その文様を身近なものに描きつかうことで、縁起を担いだりしていたのだそうです。

日本の伝統文様の種類は数多くあり、それらの種類や名前の由来、絵柄に込められた意味などについてまとめています。

 

 

植物文様 しょくぶつもんよう

四季折々の草花を実写または図案化した文様。

モチーフとする草花の種類はその時代によって相異するが、平安時代以降の日本では、四季の変化がはっきりとしていることから、その季節に合った草花が好まれたようだ。

 

御利益無病息災
延命長寿
神仏加護

 

 

柘榴文 ざくろもん

柘榴の実を文様化したもの。

日本には平安時代に伝わり、「お釈迦様が人の子を食う変わりに、鬼子母神(きしぼじん)に与えた」とされることから、子孫繁栄や安産の願いが託された吉祥果(きっしょうか)とされている。

 

 

 

文様植物文様
御利益子孫繁栄
安産祈願
美人祈願

 

 

折枝柘榴文 おりえだざくろもん

折り枝に赤い実をつけ文様化したもの。

 

 

 

三多文 さんたもん

仏手柑(ぶしゅかん)・桃・柘榴を組み合わせ文様化したもの。「三果文(さんかもん)」とも呼ばれる。
 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA