雑・四季通用の合わせ色目【かさねの色目】

かさねの色目

かさねの色目(かさねのいろめ)は、平安時代以降の公家や貴族の衣装に見られる雅びな色の組み合わせのこと。

平安時代の身分の高い人々が着ていた 十二単(じゅうにひとえ)などの着物に使われていた生地「絹」はとても薄く、何枚も重ね着することで色が透けてみえた。自然との調和を重んじた平安貴族の美的感覚から、複雑な色彩が生まれた配色に四季折々の植物の名前などが多くつけられ楽しんでいたと思われる。

 

クリックで拡大

合わせの色目
1枚の袷(あわせ)仕立ての衣の生地の表地と裏地を重ねることによる配色。

 

クリックで拡大

襲の色目
2枚以上の衣を何枚か重ねた衣の袖口や褄、裾などの重なりの配色。

 

クリックで拡大

織り色目
経糸と緯糸に違う色を使うことで、複雑な色合いを作り出す配色。緯糸の織り合わせ方を変えることで、複雑な色合いの美しい柄を織ることができる。

経糸 経糸(たていと)とは、織物を織る際にタテになる糸のこと。
緯糸 緯糸(きぬいと)とは、経糸にヨコから一本一本織り込んでいく糸のこと。

 

 

雑・四季通用の合わせ色目

雑(ざつ)とは「入りまじる」を意味し、季節を問わず着用することができるもののこと。

 

名称 松重 まつがさね
合わせ色目(表 / 裏)  /
別説 合わせ色目(表 / 裏) 萌黄 /
特徴 四季を通じて変わらない常緑樹の松の葉と幹を表した色目
着用時期 春夏秋冬
着用者 -
 
名称 比金襖 / 比金青 ひごんあお
合わせ色目(表 / 裏) 青(黄みあり) / 二藍
別説 合わせ色目(表 / 裏) 青黄 / 二藍
特徴 -
着用時期 常は用いず / 一日晴に
着用者 -
 
名称 脂燭 しそく
合わせ色目(表 / 裏)  /
別説 合わせ色目(表 / 裏)  / 濃紅
特徴 昔の室内の照明に使われていた松明の心材の油脂を表した色目
着用時期 春夏秋冬
着用者 -
 
名称 香 こう
合わせ色目(表 / 裏)  /
特徴 -
着用時期 春夏秋冬
着用者 老人は裏白
 
名称 苦色 にがいろ
合わせ色目(表 / 裏) 香(黒みあり) / 二藍
特徴 染色の「苦色」に因んだ色目
着用時期 春夏秋冬
着用者 十歳より二十歳 / 祝儀には用いず
 
名称 胡桃色 くるみいろ
合わせ色目(表 / 裏)  /
特徴 胡桃の実と葉を表した色目
着用時期 春夏秋冬
着用者 -
 
名称 蘇芳香 すおうこう
合わせ色目(表 / 裏) 蘇芳 /
別説 合わせ色目(表 / 裏) 蘇芳 / 赤みのある黄
特徴 染色の「蘇芳香」に因んだ色目
着用時期 春夏秋冬
着用者 -
 
名称 秘色 ひそく
合わせ色目(表 / 裏) 瑠璃色 / 薄色
別説 合わせ色目(表 / 裏) 瑠璃色 / 淡青
特徴 陶磁器の青磁を表した色目
着用時期 春夏秋冬
着用者 -
 
名称 縹 / 花田 はなだ
合わせ色目(表 / 裏)  /
特徴 -
着用時期 春夏秋冬
着用者 -
 
名称 今様色 いまよういろ
合わせ色目(表 / 裏) 紅梅 / 濃紅梅
特徴 染色の「今様色」に因んだ色目
着用時期 春夏秋冬
着用者 -
 
名称 葛 くず
合わせ色目(表 / 裏) 青(黒みあり) / 淡青
特徴 葛の葉や茎を表した色目
着用時期 春夏秋冬
着用者 -
 
名称 赤色 あかいろ
合わせ色目(表 / 裏)  / 二藍
特徴 -
着用時期 春夏秋冬
着用者 -
 
名称 二つ色 ふたついろ
合わせ色目(表 / 裏) 薄色 / 山吹色
特徴 女房装束の襲色目「二つ色」に因んだ色目
着用時期 春夏秋冬
着用者 -
 
名称 葡萄染 えびぞめ
合わせ色目(表 / 裏) 蘇芳 /
別説 合わせ色目(表 / 裏)  / 濃紅梅
特徴 葡萄葛(えびかずら)と呼ばれる山葡萄の実を表した色目
着用時期 春夏秋冬
着用者 -
 
名称 檜皮色 ひはだいろ
合わせ色目(表 / 裏) 蘇芳 / 二藍
別説 合わせ色目(表 / 裏) 檜皮色 / 檜皮色
特徴 檜の幹の樹皮を表した色目
着用時期 春夏秋冬
着用者 -
 
名称 海松色 みるいろ
合わせ色目(表 / 裏) 萌黄 /
別説 合わせ色目(表 / 裏) 濃萌黄 / 淡萌黄
特徴 海中の岩に生える海藻を表した色目
着用時期 春夏秋冬 / 祝い / あるいは秋
着用者 -
 
名称 木賊 とくさ
合わせ色目(表 / 裏) 萌黄 /
別説 合わせ色目(表 / 裏) 黒青 /
特徴 常緑羊歯類の木賊の茎を表した色目
着用時期 春夏秋冬
着用者 -
 
名称 黒木賊 くろとくさ
合わせ色目(表 / 裏) 青(黒みあり) /
別説 合わせ色目(表 / 裏) 青みのある黄 /
特徴 「木賊」を黒みがからせた色目
着用時期 春夏秋冬
着用者 -
 
名称 青丹 あおに
合わせ色目(表 / 裏) 青(濃気あり) / 青(淡気あり)
別説 合わせ色目(表 / 裏) 濃青(黄差し) / 濃青(黄差し)
特徴 「青土」とも呼ばれた、青みのある粘土を表した色目
着用時期 春夏秋冬
着用者 -
 
名称 紅匂 くれないのにおい
合わせ色目(表 / 裏) 紅(淡し) / 紅(濃し)
別説 合わせ色目(表 / 裏)  / 淡紅
特徴 「青土」とも呼ばれた、青みのある粘を表した色目
着用時期 春夏秋冬
着用者 -
 
名称 紅薄様 くれないのうすよう
合わせ色目(表 / 裏)  /
別説 合わせ色目(表 / 裏) 濃紅 / 淡紅
特徴 「青土」とも呼ばれた、青みのある粘を表した色目
着用時期 春夏秋冬
着用者 -
 
名称 青鈍 あおにび
合わせ色目(表 / 裏) 濃縹 / 濃縹
特徴 染色の「青鈍」に因んだ色目
着用時期 春夏秋冬
着用者 -

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.