雑・四季通用の合わせ色目【かさねの色目】

雑・四季通用の合わせ色目

 

松重 まつがさね

四季を通じて変わらない常緑樹の松の葉と幹を表した色目。

 

着用時期
春夏秋冬

別説

萌黄

 

 

比金襖 / 比金青 ひごんあお

 

着用時期
常は用いず
一日晴に

青(黄みあり)

二藍

別説

青黄

二藍

 

 

脂燭 しそく

昔の室内の照明に使われていた松明の心材の油脂を表した色目。

 

着用時期
春夏秋冬

別説

濃紅

 

 

香 こう

 

着用時期
春夏秋冬

 

 

苦色 にがいろ

染色の「苦色」に因んだ色目。

 

着用時期
春夏秋冬
着用者
春夏秋冬

香(黒みあり)

二藍

 

 

胡桃色 くるみいろ

胡桃の実と葉を表した色目。

 

着用時期
春夏秋冬

 

 

蘇芳香 すおうこう

染色の「蘇芳香」に因んだ色目。

 

着用時期
春夏秋冬

蘇芳

別説

蘇芳

赤みのある黄

 

 

秘色 ひそく

陶磁器の青磁を表した色目。

 

着用時期
春夏秋冬

瑠璃色

薄色

別説

瑠璃色

淡青

 

 

縹 / 花田 はなだ

 

着用時期
春夏秋冬

 

 

今様色 いまよういろ

染色の「今様色」に因んだ色目。

 

着用時期
春夏秋冬

紅梅

濃紅梅

 

 

葛 くず

葛の葉や茎を表した色目。

 

着用時期
春夏秋冬

青(黒みあり)

淡青

 

 

赤色 あかいろ

 

着用時期
春夏秋冬

二藍

 

 

二つ色 ふたついろ

女房装束の襲色目「二つ色」に因んだ色目。

 

着用時期
春夏秋冬

薄色

山吹色

 

 

葡萄染 えびぞめ

葡萄葛(えびかずら)と呼ばれる山葡萄の実を表した色目。

 

着用時期
春夏秋冬

蘇芳

別説

濃紅梅

 

 

檜皮色 ひはだいろ

檜の幹の樹皮を表した色目。

 

着用時期
春夏秋冬

蘇芳

二藍

別説

檜皮色

檜皮色

 

 

海松色 みるいろ

海中の岩に生える海藻を表した色目。

 

着用時期
春夏秋冬
祝い
あるいは秋

萌黄

別説

濃萌黄

淡萌黄

 

 

木賊 とくさ

常緑羊歯類の木賊の茎を表した色目。

 

着用時期
春夏秋冬

萌黄

別説

黒青

 

 

黒木賊 くろとくさ

「木賊」を黒みがからせた色目。

 

着用時期
春夏秋冬

青(黒みあり)

別説

青みのある黄

 

 

青丹 あおに

「青土」とも呼ばれた、青みのある粘土を表した色目。

 

着用時期
春夏秋冬

青(濃気あり)

青(淡気あり)

別説

濃青(黄差し)

濃青(黄差し)

 

 

紅匂 くれないのにおい

「青土」とも呼ばれた、青みのある粘を表した色目。

 

着用時期
春夏秋冬

紅(淡し)

紅(濃し)

別説

淡紅

 

 

紅薄様 くれないのうすよう

濃色から薄色へぼかして配色をする「匂(におい)」の技法が用いられた、紅色の薄手の鳥の子紙を表した色目。

 

着用時期
春夏秋冬

別説

濃紅

淡紅

 

 

青鈍 あおにび

染色の「青鈍」に因んだ色目。

 

着用時期
春夏秋冬

濃縹

濃縹

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.