色の見え方の違い【配色】


私たち人がモノの色を見るためには、対象を照らす「光源」、その光によって照らされる「物体」、それを見る人の「視覚」の3つの要素が必要です。これを「視覚現象の三要素」と言い、
このうちのどれかが欠けても色は見えません。

 

光がない
光がなくなると真っ暗になり、どんなに目を見開いても、そこに何かモノがあっても見ることができません。
物体がない
ある場所にライトの光を照らしても、そこに何も置いていなければ、どんなに目を見開いても見ることができません。
目が見えない
ある明るい場所にりんごが置いてあっても、目を閉じていたら真っ暗になり何も見ることができません。

 

 

また同じ色でも、環境や条件によって色の見え方に影響を与え、モノの色の印象が変わってきます。

 

光源
太陽光や蛍光灯、ろうそくなど、光の波長がことなることで物の色の見え方が変わる。
周囲
背景にある色や隣り合う色など、周囲にある色に影響されて、色の見え方が異なって見える。
方向
モノに当たる光の方向や見る人の角度が少しでも違うと、光の現象により色の見え方が変わる。
地域
国や地域によって太陽との距離が変わってくるため、色の見え方も変わってくる。
機器
テレビやパソコンなどで見た画像と、紙に印刷した画像では色が異なって見える。これは、使用する機器によって表現できる色域や方法が異なるためである。
見る人
人の目の感度には個人差があり、すべての人が同じモノを見ても同じようには見えていない。また、年齢や健康状態、心理状態による影響でも色の見え方は変化してくる。
素材
紙素材の色見本帳で選んだ色を、木や金属などの異なった素材に塗ると色が違って見える。
面積
色見本帳で選んだ色を、壁など大きな面に塗ってみると色が違って見える。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.