世界の国旗と色【北アジア・中央アジア】


現在、世界にある国々の数は「196ヵ国」はあるとされています。

その国の象徴として定められた旗「国旗」に使われる色の意味の違いや、その国にまつわる色をまとめてみました。

 

 

 

アジア

世界6大陸のひとつで、現在では一般的にヨーロッパを除くユーラシア大陸全般のおよそ48ヵ国を指すが、政治的・経済的な立場の違いにより、様々な定義がなされる場合があるようだ。

 

北アジア

ユーラシア大陸北部に位置するアルタイ山脈より北の地域 。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 

中央アジア

ユーラシア大陸中央部に位置する内陸地域。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 2020年現在、この記事で紹介できている国や地域のみ、地図上に国旗や旗を掲載しています。

国旗の色指定を正式に公表されている国もありますが、公表されていない国も多くありますので、ここでは近似色と思われる色を表記しています。

また、国によって定義は異なるため、ここでは「現在の国名」になった年を「建国」の年として表記しています。

 

 

モンゴル

東アジア北部に位置する内陸国。

 

英語表記Mongolia モンゴリア
国コードMGL
首都Ulanbator ウランバートル
面積31,566,500㎢
人口1,393,686,493人(2018年現在)
言語モンゴル語
カザフ語
隣国中国
ロシアなど
建国1992年
国旗制定年1992年
国旗縦横比1:2

 

 

 

#DA291C

Улаан オラーン
進歩、繁栄
パントン:485C
CMYK:17.94.97.0
RGB:218.41.28

#62B5E5

хөх フフ
国民
パントン:2915C
CMYK:61.17.6.0
RGB:98.181.229

#FFD100

шар シャル
永遠の友情
パントン:109C
CMYK:4.23.89.0
RGB:255.209.0

 

モンゴルの国旗は、ホイスト(旗竿側)に自由と主権を表わす「ソヨンボ」という伝統のシンボルを配した赤・青・赤の縦三色旗。

ソヨンボ(Соёмбо)文字は、モンゴル語を表記するために、1686年に僧侶ボグド・ザナバザ ルが作成したアブギダ系の文字。

 

富と成功を象徴し、過去・現在・未来を意味する。
太陽と月アジア北方の遊牧民族に崇拝されたシャマニズムの天神「テングリ」に対する崇拝を象徴し、モンゴル人の起源を意味する。
逆三角槍や矢じりを表し、内外の敵をたおす意思を意味する。
横棒正義と正直さを意味する。
雄と雌の魚太極を意味し、陰陽の調和を表す。
左右の縦棒城壁を表し、国民が協力すれば石の砦よりも強いことを意味する。

 

 

 

 

ロシア連邦

ユーラシア大陸北部を占める大国。

 

英語表記Russian Federation
ロシアン・フェデレイション
国コードRUS
首都Moscow モスクワ
面積17,075,200㎢
人口143,261,490人(2018年現在)
言語ロシア語
隣国中国
モンゴル
カザフスタンなど
建国1991年
国旗制定年1993年
国旗縦横比2:3

 

 

 

#FFFFFF

Белый ビエールイ
高貴
パントン:―
CMYK:0.0.0.0
RGB:255.255.255

#0033A0

Синий シーニー
名誉
パントン:286C
CMYK:100.88.1.0
RGB:0.51.160

#DA291C

Красный クラースヌイ
勇気、寛大
パントン:485C
CMYK:17.94.97.0
RGB:218.41.28

 

ロシアの国旗は、オランダの国旗を参考に色の順番を変えて取り入れたともされる、白・青・赤の汎スラヴ色を使用した横三色旗。

 

 

カザフスタン

ユーラシア大陸の中央部付近に位置する、カスピ海やアラル海に面している内陸国。

 

英語表記Republic of Kazakhstan
ピープルズ・リパブリック・カザフスタン
国コードKAZ
首都Astana アスタナ
面積2,724,902K㎢
人口18,256,484人(2018年現在)
言語カザフ語
ロシア語
隣国ロシア
中国
ウズベキスタン
キルギスなど
建国1991年
国旗制定年1992年
国旗縦横比1:2

 

 

#00AEC7

көгілдір
遊牧民の伝統色、澄んだ青空、平和、幸福
パントン:3125C
CMYK:74.14.24.0
RGB:0.174.199

#FFD635

сары
希望
パントン:810C
CMYK:5.20.81.0
RGB:255.214.53

 

カザフスタンの国旗は、中央に黄色い太陽、その下に黄色い翼を広げた鷲、ホイスト(旗竿側)に民族に伝わる伝統的な黄色いカザフ文様を配した青旗(水色)。

青は遊牧民(トルコ系・モンゴル系・カザフ系)の伝統色であり、澄んだ青空や平和、幸福、黄は希望、太陽の32の光線は高い理想、翼を広げた鷲は自由を表している。

 

 

アフガニスタン・イスラム共和国

ユーラシア大陸の中東・中央アジアに位置する内陸国。

 

英語表記Islamic Republic Of Afghanistan
イスラミック・リパブリック・オブ・アフガニスタン
国コードAFG
首都Kabul カブール
面積652,225㎢
人口34,935,713人(2018年現在)
言語ダリー語
パシュートゥ語
ハザラ語
タジク語
隣国パキスタン
イラン
タジキスタン
ウズベキスタンなど
建国2004年
国旗制定年2004年
国旗縦横比2:3

 

 

#000000

سیاه シヤー
暗い歴史
パントン:―
CMYK:93.88.89.80
RGB:0.0.0

#C8102E

سُرْخ スルフ
戦争で流した血
パントン:186C
CMYK:27.100.86.0
RGB:200.16.46

#006341

سَبْز サブズ
イスラム教、平和、自由
パントン:3425C
CMYK:89.51.88.16
RGB:0.99.65

#FFFFFF

سَفید ツファット
パントン:―
CMYK:0.0.0.0
RGB:255.255.255

 

アフガニスタンの国旗は、中央に白い国章を配した、黒・赤・緑の縦三色旗。

黒は外国に支配されていた暗い歴史、赤はイギリスからの独立を目指して戦争で流した血、緑はイスラム教のシンボルであり、平和と自由表している。

 

 

国章は、国旗をつけたモスク・説教壇の上部には、「アッラーの他に神はなく、ムハンマドはアッラーの使徒なり」と「神は偉大なり」の聖句、新生国家の出発を示す登る太陽と17本の光、底部には独立したアフガン暦の1298(西暦1919)年と国名を記したリボン、小麦穂のリース(農業を表す)、新生アフガニスタンを象徴する昇る太陽が描かれている。

 

 

キルギス共和国

中央アジアの東部の天山(テンシャン)山脈より北に位置する国。

 

英語表記Kyrgyz Republic
キルギス・リパブリック
国コードKGZ
首都Bishkek ビシュケク
面積199,900㎢
人口6,213,441人(2018年現在)
言語キルギス語
ロシア語
隣国カザフスタン
ウズベキスタン
中国など
建国1991年
国旗制定年1992年
国旗縦横比3:5

 

 

#ED2E38

кызыл
勇気、寛大
パントン:032C
CMYK:7.92.74.0
RGB:237.46.56

#FFD100

сары
名誉
パントン:109C
CMYK:4.23.89.0
RGB:255.209.0

 

キルギスの国旗は、中央に太陽を配した赤旗。

赤はキルギスに伝わる民族叙事詩の英雄マナスを象徴する色と勇敢さ、黄は平和と豊かさを表している。

太陽の40の光線は、マナスによって統一されたキルギスの部族の数を表し、その中央にはキルギス人が使う移動式テント「ボズウイ」を真上から見た屋根(ユルタ)をデザイン化したもの。

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA