紙の種類と分類

板紙の分類

パルプ(木材の繊維)層が2層以上でできた板のように厚くかたい紙。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 

段ボール原紙

段ボールの表面に使うライナーと波状に成形した中芯原紙を張り合わせる原紙。

 ライナー 
段ボールの表面に使う平らな板紙。

 外装用クラフトライナー 
クラフトパルプを原料にした、段ボールシートの表裏に使用されるもの。

 外装用ジュートライナー 
表層はクラフトパルプ、中・裏層は古紙を原料にした、段ボールシートの表裏に使用されるもの。

 内装用ライナー 
段ボール箱の中仕切りなどに使用されるもの。

 

 中芯原紙 
段ボールシートの内側に使用される波状に成形した板紙。

 パルプ芯 
パルプを原料にした、段ボールシートの内側に使用される波状に成形した板紙。

 特芯 
古紙パルプを原料にした、段ボールシートの内側に使用される波状に成形した板紙。

 

 

紙容器板紙

菓子箱・化粧品箱・カード・台紙などの箱状の容器に使われる紙。

 



 

 

 白板紙 
片面、または両面が白く、直接印刷して使うことが多い板紙。

 マニラボール 
表層は晒パルプ、中・裏層はパルプ、または古紙で抄合わされたた板紙。
出版物の表紙、カタログ、ゲームカードなどの厚手の印刷物、化粧品、医薬品、食料品などの包装容器などに使用される。
塗工と非塗工のものがある。

 白ボール 
表層は晒パルプ、中・裏層は古紙で抄合わされたマニラボールより厚手の板紙。
食料品、雑貨、洗剤、ティッシュなどの包装容器に使用される。
塗工と非塗工のものがある。

 

 黄・チップ・色板紙 
 黄板紙 
稲ワラ、古紙を原料として抄合わされ、しん紙として使用される黄土色の板紙。
書籍の表紙、ケースのしん紙、菓子箱、土産物の箱、紙製玩具などに使用される。
一般的に、表面に印刷した洋紙を張って使用されることが多いが、単紙で使用されることもある。

 チップボール 
雑誌古紙や新聞古紙を原料として抄合わせ、黄板紙の代わりに使用される鼠色の板紙。

 色板紙 
古紙を主原料として抄合わされた、染料で着色された板紙。
クラフトボールのようなクラフトパルプ、またはクラフト系古紙の色をそのまま生かしたものもある。
菓子箱、玩具・雑貨の箱、土産物の箱などに使用される。

 

 

雑板紙

 

 建材原紙 

 防水原紙 
古紙、繊維ぼろを原料として抄合わせて、アスファルトやタールを含浸させた防水材の原紙。

 石膏ボード原紙 
古紙を原料として抄合わせて、2枚の紙のあいだに石膏を流し込んで膠着させ、耐水性のある壁材や天井材にするための原紙。

 

 紙管原紙 
化成品フィルム、製紙用、繊維用、テープ用、土木建築用、鉄鋼用、I㼀関係用などの巻しんに使用される板紙。

 

 その他板紙 
特殊な用途向けに加工をした板紙。

 ワンプ 
古紙を原料として抄合わせて紙・パルプ用の包装紙に使用される板紙。

 その他板紙 
上記以外の各種台紙、地券、しん紙などの板紙。

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA