世界の国旗と色【南アジア】


現在、世界にある国々の数は「196ヵ国」はあるとされています。

その国の象徴として定められた旗「国旗」に使われる色の意味の違いや、その国にまつわる色をまとめてみました。

 

 

 

アジア

世界6大陸のひとつで、現在では一般的にヨーロッパを除くユーラシア大陸全般のおよそ48ヵ国を指すが、政治的・経済的な立場の違いにより、様々な定義がなされる場合があるようだ。

 

南アジア

アジア大陸南部に位置するインド半島を中心とする地域 。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 2020年現在、この記事で紹介できている国や地域のみ、地図上に国旗や旗を掲載しています。

国旗の色指定を正式に公表されている国もありますが、公表されていない国も多くありますので、ここでは近似色と思われる色を表記しています。

また、国によって定義は異なるため、ここでは「現在の国名」になった年を「建国」の年として表記しています。

 

 

インド

ユーラシア大陸南部のインド半島を占める南アジアの国。

 

英語表記India インド
国コードIND
首都New Delhi ニューデリー
面積3,287,590㎢
人口1,342,512,706人(2018年現在)
言語ヒンディ語
英語
隣国パキスタン
バングラデシュ
スリランカ
モルティブなど
建国1947年
国旗制定年1947年
国旗縦横比2:3

 

 

 

#FF963B

Kesar ケーサル
勇気、犠牲、ヒンドゥー教
パントーン:1495C
CMYK:0.54.77.0
RGB:255.150.59

#FFFFFF

Safeda サフェード
平和、真理
パントン:―
CMYK:0.0.0.0
RGB:255.255.255

#509E2F

harā ハラー
公平、騎士道、イスラム教
パントーン:362C
CMYK:71.22.100.0
RGB:80.158.47

#250E62

Safeda サフェード
空、海
パントーン:2755C
CMYK:97.100.57.8
RGB:37.14.98

中央に古代インドのアショカ王の記念塔「獅子柱頭(4頭のインドライオンが 背中合わせに並ぶ彫刻)」からとった「アショーカ・チャクラ」という法輪を配した、オレンジ・白・緑の横三色旗。

オレンジはヒンドゥー教を象徴する色、白は平和と真理、緑はイスラム教を象徴する色、青は空と海を表し、法輪の中の24本の線は、1日の24時間を表わす。

 

 

その他の色

#E3A857

Indian yellow インディアン・イエロー
インドのベンガル地方で古くから製造されていた赤みを帯びた黄色顔料のこと
CMYK:15.41.69.0
RGB:227.168.87

#CD5C5C

Indian red インディアン・レッド
インド産の粘土から作った赤色顔料「ベンガラ」の一種
CMYK:24.76.57.0
RGB:205.92.92

#074770

Indigo インディゴ
インド藍で染めた藍色
CMYK:97.78.42.6
RGB:7.71.112

 

 

スリランカ民主社会主義共和国

ユーラシア大陸のインド半島南部の洋上に位置する南アジアの島国。

 

英語表記Democratic Socialist Republic of the Sri Lanka
デモクラティック・ソーシャリスト・リパブリック・オブ・スリ・ランカ
国コードLKA
首都Sri Jayawardenepura Kotte
スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ
面積65,610㎢
人口0,905,335人(2018年現在)
言語シンハラ語
タミル語
英語
隣国インド
インドネシアなど
建国1948年
国旗制定年1972年
国旗縦横比1:2

 

 

 

#007A33

コラ
イスラム教
パントーン:356C
CMYK:86.41.100.3
RGB:0.122.51

#FF8200

ダムビリ
ヒンズー教
パントーン:151C
CMYK:0.62.92.0
RGB:255.130.0

#CE0037

ラトゥ
パントーン:206C
CMYK:24.100.76.0
RGB:206.0.55

#FFCD00

カハ
パントン:116C
CMYK:4.25.89.0
RGB:255.205.0

 

スリランカの最大民族シンハラ人の始祖は、ライオンの血をひくという神話があり、剣を持った黄色のライオンが描かれている。

ライオンの四隅に配する菩提樹(ぼだいじゅ)の葉は仏教を表している。緑はイスラム教のムーア人、サフラン色はヒンズー教のタミル人を表わし、民族の融和を象徴する。

 

 

ネパール連邦民主共和国

ユーラシア大陸南部に位置するヒマラヤ山脈南麓(なんろく)を占める南アジアの国。

 

英語表記Kingdom of Nepal
キングダム・オブ・ネパール
国コードNPL
首都Katmandu カトマンズ
面積147,181㎢
人口29,521,803人(2018年現在)
言語ネパール語
隣国インド
中国
ブータンなど
建国1768年
国旗制定年1962年
国旗縦横比4:3

 

 

 

#BE003F

रातो ラト
国民
パントン:186C
CMYK:27.100.86.0
RGB:200.16.46

#00338D

नीलो ニロ

パントン:287C
CMYK:100.90.20.0
RGB:0.51.141

#FFFFFF

सेतो セト
パントン:―
CMYK:0.0.0.0
RGB:255.255.255

 

ネパールの国旗は、赤地に青の縁取りのある三角形を上下に並べたデザインで、四角形以外の形をしている国旗はネパールのみ。

2つの三角形はヒマラヤ山脈を表し、赤は国民、青は空、上部の太陽と月は王室、下部の太陽は宰相(さいしょう / 国王などの政治を補佐する人)を表している。

 

 

バングラデシュ人民共和国

ユーラシア大陸南部のインド半島北東部に位置する南アジアの国。

 

英語表記People’s Republic of Bangladesh
ピープルズ・リパブリック・オブ・バングラデシュ
国コードBAN
首都Dacca ダッカ
面積147,000㎢
人口166,734,722人(2018年現在)
言語ベンガル語
隣国インド
ブータン
ミャンマーなど
建国1971年
国旗制定年1972年
国旗縦横比3:5

 

 

 

#006651

সবুজ ショブージ
イスラム教、農業の発展
パントン:336C
CMYK:89.51.76.12
RGB:0.102.81

#E90649 

লাল ラール
独立闘争で流された血、太陽の恵み
パントン:192C
CMYK:9.97.60.0
RGB:233.6.73

中央よりややホイスト(旗竿)側よりに赤い円を配した、日本の国旗によく似ている緑旗。

緑はイスラム教と国の若さと活力、赤は独立闘争で流された血と独立日の夜明けに昇った太陽を表している。

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA