書体とフォントの違いってなぁに?


さぁ、はじめよう!!

デザインで使われる「文字」のことを、なにげに「書体」と言ったり「フォント」と言ったりと、よく混同して使いがちになっているので、その違いについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

⦿ 書体とは

骨格・エレメント・字面(じづら)の特定のデザインで統一された、共通した表情をもつ漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベットなどの文字の集まりのこと。

 和文書体 
漢字・ひらがな・カタカナ・数字・記号からなる、日本語を表現するための書体。

 

 明朝体 みんちょうたい 
縦線が太く、横線が細い線に「ハネ」や「ハライ」などの楷書の特徴を残した、飾りがあるのが大きな特徴。

▲クリックすると画像拡大

 

流麗でやわらかい女性的なイメージを持つ書体で可読性が高く、長文でも目が疲れにくいため書籍などの本文に向いている。欧文書体における「セリフ体(ローマン体)」に相当する書体。

 

 

 ゴシック体 
縦線と横線がほぼ均等で起筆・終筆点に飾りがなく、力強く硬質な男性的なイメージを持つ書体。

▲クリックすると画像拡大

 

明朝体より視認性が高く、はっきり見えよく目立つ見出しなどに向いている。欧文書体における「サンセリフ体」に相当する書体。

 

 

 

 欧文書体 
アルファベット・数字・記号からなる、英語を始めとした言語を表現するための書体。

 セリフ体 Serif 
画線の端にある「セリフ」と呼ばれる飾りがあり、書体を区別するときの大きな特徴となる。

▲クリックすると画像拡大

 

装飾性があるので品位や格調があり、落ち着いた印象をもつ書体で、可読性が高く、長文でも目が疲れにくく書籍などの本文に向いている、和文書体における「明朝体」に相当する書体。

現在使われているアルファベットのほとんどが、古代ローマ時代の石碑の文字を基にデザインされた、もっとも歴史の古い書体。このことから「ローマン体」ともいわれている。

 

 

 

 サンセリフ体 Sun Serif 
「Sun(サン)」はフランス語で「○○がない」を意味し、セリフのない書体。

▲クリックすると画像拡大

 

無機質で現代的な印象を持つ書体で、はっきり見え視認性が高く、よく目立つ見出しなどに向いている。和文書体における「ゴシック体」に相当する書体。

 

 

 

⦿ フォントとは

書体が印刷物やディスプレイ画面など、さまざまなデザイン制作に使用できるように、1つの書体の文字サイズごとにつくられた大文字・小文字・数字・記号のセットにして、データ化されたもの。

 

 フォント・ファミリー Font Family 
同じコンセプトで統一された骨格とエレメントをもつ、通常のフォントや太字、イタリック体、斜体など、ウエイトを含めたデザインを統一した複数のフォントをまとめたもの。

同じコンセプトで統一された骨格とエレメントから、ウエイトを段階的に変えてデザインを統一した複数のフォントをまとめたもの。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 ウエイト Weight 
フォントの太さのこと。「重たい印象を与える」フォントの見た目から、感覚的な表現で「ウエイト」といわれているとかいないとか。

フォントの太さは、デザインされたフォントによって用意されている種類が異なる。

また、フォントベンダー(開発・販売元)によって、ウエイトの呼び方も異なっている。

▲クリックすると画像拡大

 

スポンサーリンク

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA