白色が持つイメージと効果


私たちの身のまわりに溢れている様々な色には、「心理」にはたらきかけ、私たちの「感情作用」に大きな影響を与えられています。それは、私たちが経験し記憶したことをイメージする何かと、それらに関連する色とを「結びつけて連想している」からです。

個々の色が持つイメージを知ることで、広告やファッション、インテリアなどに、意味合いを持たせたデザインにしたい時には、イメージと色を意図的にうまく組み合わせることで、より魅力的な効果が得られるようになるでしょう。

 

 

白 WHITE

・「生成、灰白、乳白、練」など、雪のような白系統の色の総称

 

クリックで拡大

 

白は、人間の目に見える光のすべてを反射する物体から感じる色とされているが、「完全な白」の物体は現実には存在しないとされる。

白という漢字は、ものの形をかたどって作られた「象形文字(しょうけいもじ)」が変化したもの。「白骨化した頭蓋骨の形」または「どんぐりの中の白い実」などの意味から成り立った文字である。

日本語のしろは、光の感覚を表している「顕し(しるし)」や「著し(しるし)」が語源とされている。

 

 

性質

数ある色の中でもっとも明るい色で、光を反射する。黒とは、性質的にもイメージ的にも真逆であるため、潜在的にポジティブ、またはクリーンな印象を持っている。

・膨張色
・進出色
・柔軟色
・軽量色

 

 

イメージ

具体的イメージ

雪、雲、紙

 

抽象的イメージ

清潔、純粋、神聖、誠実、素直、幸福、軽い、はじまり、上品、さわやか、祝福、新しい、正義感

 

 

心理的効果

ポジティブイメージ

・色みを持たないためほかの色を引き立てる
・清潔な印象を与える
・実際よりも軽く感じさせる
・気分を一新する
・空間を広く感じさせる

 

ネガティブイメージ

・汚れがないことから不安や緊張を覚える

 

 

生理的効果

・心理的体感温度を高める
・感覚的に時間の経過を早く感じる
・食欲を増進させる
・アドレナリンを分泌し興奮を促す

 

 

白色を好む人の性格

・純粋無垢
・自己主張に欠ける
・意志が固い
・正義感がある
・完璧主義者
・潔癖
・素直
・真面目
・嘘が嫌い

 

 

ポイント

ファッション

白はどんな色とも相性がよく、さわやかな着こなしができる。「膨張色」なので、使う素材や面積によってはスッキリと見えなくなってしまうこともあるため、軽い素材を使うのがポイントになってくる。

白を基調に差し色で青を加えるとクリーンで爽やかなコディネートになる。青以外のほかの色を組み合わせても白との相性がいいので、簡単に取り入れることができる。

 

 

コントラストの強いブラウンでも、薄いベージュっぽい色みでも、白を差し込むことで抜け感がつくれるコーディネート。

 

ブラウン

 

 

インテリア

白を基調としたインテリアにすることで、圧迫感がなく奥行きができるため、部屋が広くみえる。また、光を反射する色なので部屋自体が明るくみえ清潔感がある部屋に仕上がる。

空間の8割くらいを白で統一することで清潔感があり、家具などに差し色として赤を加え、アクセントをつけることで暖かさが加わり、落ち着いた空間に仕上がる。

 

 

白を基調とした空間に差し色として水色を加え、アクセントをつけることで涼しさが加わり、クールでさわやかな空間に仕上がる。

 

水色

 

白を基調とした空間に差し色として黒を加え、アクセントをつけることで涼しさが加わり、かっこよく引き締まった空間に仕上がる。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.